亀梨和也演じる24時間テレビ特別ドラマの原作とは!?2017年度版

 

 

毎年恒例となっている24時間テレビですが、今年のドラマは亀梨和也さんが、主人公である阿久悠さんを演じるそうです。24時間テレビは長いようで意外と限られた時間の中で、さまざまな挑戦や企画を盛り込んで視聴者に感動を与えていますよね。

今回はそんな24時間テレビで放送されることが決定している「24時間特別ドラマ」について調べてみました!

スポンサードリンク

1、24時間テレビ特別ドラマとは?

そもそも、24時間テレビ特別ドラマって何?
という人もいるかもしれません。

24時間テレビでは、なんと第3回目の放送(1980年)から毎年、
スペシャルドラマを企画
しています。

原作のある魅力的な作品、注目のキャストなど、
毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

 

近年の視聴率は実に20%を超えており、高視聴率を記録しています。

今年は亀梨和也さんが演じられるようで、引き続き視聴率も高そうですね!

 

 

2、亀梨和也演じる今年の24時間テレビ特別ドラマの原作は?

さて、それでは2017年の24時間テレビ特別ドラマの原作は
どのような内容なのでしょうか?

 (1)今年の24時間テレビ特別ドラマの原作

今年のタイトルは

「時代をつくった男 阿久悠物語」

であると、先日発表されました。
8月26日の9時頃からの放送の予定であることも発表されています。
時代をつくった男 というのはなんかかっこいいですね。

 

このタイトルでもわかるように、

今回の24時間テレビ特別ドラマは

著名人「阿久悠」さんの物語を描いたものが原作のようです。

 

 (2)阿久悠さんとは?

阿久悠さんと言えば、多くの名曲を残した伝説の作詞家です。

生涯にわたって作詞した曲は実に5000曲を超えていると言われており、
皆さんどこかで必ず耳にしたことがあるだろう程、
音楽の世界に強い影響力をもった人物です。

 

なぜ、今年の特別ドラマが阿久悠さんなのか?
というと、

今年でちょうど没後10年ということでこのタイミングで製作が決定したようです。

 

伝説のオーディション番組「スター誕生!」を企画しただけでなく、

審査員も務めあげた阿久悠さんの、

絶頂期1970年代の裏話や名曲誕生の秘話を描くドラマになるということで、注目を集めています。

また、音楽繋がりということもあるのでしょうか、
亀梨和也さんとが演じられるということも、
注目が集まっている理由の1つみたいですね!

スポンサードリンク

 (3)他の出演者はだれ?

24時間テレビ特別ドラマの主演である阿久悠さん役は亀梨和也さんが演じますが、

阿久悠の妻役として

松下奈緒さんが起用されることが決定しているようです。

 

ドラマで描かれる80年代のバブル景気の中で苦悩と困難の連続を必死に生きた阿久悠と、

その妻をどのように演じ、物語を作り上げていくのか……。

そしてNEWSの加藤シゲアキさんや、田中圭さん、

和田正人さん、八嶋智人さんなどの

キャスティングも発表されており、いまから楽しみです。

 

 

3、最後に

私は24時間テレビの日は家にいて
可能な限りテレビに張り付いてみてしまう人なのですが、

皆さんはいかがですか?

特別ドラマは毎年の恒例でもあり、
そしてキャストやストーリーも毎年しっかり楽しめる内容となっています。

 

人にはそれぞれドラマがあって、その生き様や、苦しみ、
そしてその向こう側にある幸福まで、紆余曲折の物語があります。

その物語に触れることは、自分の人生をひとつ豊かにすることだと思いながら、
感慨深いなぁといつも思いながら見ています。

ぜひ、この機会に見たことない人も見てみてはいかがでしょうか?

筆者は色々と注目されているマラソンと共に、見てみようと思います。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 24時間テレビドラマ2017原作阿久悠物語とは?キャストと相関図も紹介…

  2. 24時間テレビマラソンはベッキーで決定か!2017愛が不倫を救う?

  3. 小室圭が銀行員をクビで辞めた理由は真か?UFJ丸の内支店はエリート?

  4. 小室圭の婚約内定記者会見の発言で好きな言葉はLet it be!

  5. 小室圭へ秋篠宮が激怒し婚約反対も母親に条件を突きつける

  6. 小室圭「Let it be」好きな言葉(座右の銘)の意味を検証!【婚約…

  7. 絢子さまと守谷慧さんのスピード婚 理由はなぜ?経歴や父親の仕事は?

  8. 小室佳代 見栄っ張りすぎて小室圭と眞子様婚約破棄にまた一歩近づく

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事