不祥事

秋元司 逮捕と辞任辞職の可能性は?弁護士法違反疑いで炎上不可避か?

環境副大臣および内閣府副大臣の秋元司にまさかの疑惑が浮上しています。
その疑惑が事実であれば弁護士法違反の疑いで最悪の場合逮捕や、辞任や辞職の可能性も出てくることになりかねない事態です。
炎上不可避のようなこの事態に秋元司の対応や反応は?疑惑の真相を追ってみました!

スポンサードリンク

秋元司 弁護士法違反疑いで逮捕や辞任辞職か

我が国の環境副大臣および内閣府副大臣である秋元司
弁護士法違反の疑いが出てくる記事が報じられ騒ぎとなっております。

これが本当であれば大臣として炎上不可避なだけでなく
辞任や辞職に繋がる可能性もあります

ことの発端は文春が報じた記事でした!

その文春の記事の内容をまとめると
1、東レがバングラディッシュで15億円の水処理装置の在庫を抱えた
2、O社(都内コンサル会社)5億6千万円で東レの在庫を買い取った
3、実はO社はお金が足りずL社という会社に2億4千万円借りる
4、O社は半額の1億2千万円返したが、残りが返せていない
5、L社秋元司を代理人とする
6、秋元司東レの社長L社1億2千万円返済するよう要求する電話をかけた
7、しかもL社は法外な利息のヤミ金業社だった

以上の内容からなるものでした。

これで一体何が問題になってくるかというと

秋元司が代理人として返済を求めた

という部分。
このことが事実だとすると
弁護士法違反にあたるというのです。

というのも

「弁護士法72条には〈弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない〉との条文がある。今回のケースでは秋元氏は債務の支払い請求という法律事務を代理したことになる。接待の有無も含めL社との関係次第で弁護士法違反の疑いが生じます」

文春オンライン

とあるように要するに
弁護士でない秋元司が法律事務を代理したことが問題
になってしまったのです!

これが事実だとすると間違いなく炎上不可避でしょうし
大臣職の辞任や辞職だけでなく
最悪の場合は、逮捕なんてことにもつながりそうですよね。

スポンサードリンク

秋元司 逮捕と辞任辞職の可能性は

では本当に秋元司 逮捕と辞任辞職の可能性はあるのでしょうか。

もしそうなってしまうと安倍政権に
とんでもないダメージとなるのは明白です!

しかしついに疑惑を報じられた
秋元司側もついにSNSでコメントを発表したようです。

秋元司のコメントをまとめると
1、文春が報じたような内容は事実無根である
2、実際に秋元司は知人から相談は受けた
3、知人の相談内容は「知り合いの会社(L社?)O社に融通したお金の一部が返済されていない」
4、O社の債務を東レが連帯保証についていると言われたのでO社にお金を融通した
5、しかし、大企業の東レO社の連帯保証に本当につくのか疑問に思い、詐欺を疑うようになった
6、そこで知人はなんとか東レに確認できないかということで秋元司を頼った
7、秋元司東レ社長に実際に電話し、社長から「そのような事実はない」と回答をもらった

との内容のものでした

さらにL社に対しても確認をとったらしく
◆ヤミ金だと言われる利率ではなく借用書にも法律に則る利息で貸したと明記してある
◆返済期限を伸ばす手数料計3千万なんて受け取っていない
◆残金はO社は支払い終えている
◆本当の利息分はまだ未払いのまま

とのことでした

何もかも文春の記事は事実と反しているため大変遺憾と締めくくられていました!

実際文春以外の週刊誌も同様に嗅ぎつけていたらしく
取材に来たと秋元司は明かしています。

これが本当だとすると文春の記事が全くのデマということになります。

ともすると秋元司の大臣職の辞職や辞任、
ましてや逮捕ということは可能性はほぼなくなりますね

もし文春が言っていることが正しいのであれば
ここからさらに決定的な証拠を突きつければいいだけの話ですので
文春側にも十分勝ち目はあるのではないでしょうか!

あれば!!

ですが。

まとめ

秋元司 弁護士法違反疑いで事実であれば炎上不可避の疑惑が報じられる
逮捕と辞任辞職の可能性は秋元司側のコメントが事実であればないと思われる
全ては文春のデマの可能性も出てきた

いかがでしたでしょうか

これほど両者の事実が逆のものになるって
どちらかが嘘をついてる場合でしかないですよね

現時点では全てのポイントでしっかり確認をとっていた
秋元司陣営が優勢かもしれませんね

ここから真の文春砲を見せてくれれば、
勝てることもあるのではないでしょうか

ね!文春さん!

最後までお読みいただきありがとうございました