不祥事

カルロスゴーン社長 変装セットの理由はなぜ?帽子がダサいと話題に

さてさて。またもやカルロスゴーンです。今回も見事にやってくれましたね!なんと事件や逮捕ではなく保釈時の変装セットの格好がとても話題になっていますよね!
いやー魅せてくれますね。中でもその時にかぶっていた帽子ダサいと騒がれているようで
一体なぜその変装をチョイスするに至ったのかの理由に迫って見たいと思います!

スポンサードリンク

カルロスゴーン社長の被った帽子がダサいと話題に!

冒頭でも触れましたが、3月6日に保釈されたとき、誰もが騒然となったことでしょう。
あの世界のカルロスゴーン社長が警備員や作業員のようなツナギと帽子を身にまとった姿で現れたのですから。

しかもご丁寧なことに夜間に車のヘッドライトなどに反射して身を守るための
反射テープベストのようなものまで着用しているではありませんか。

マスクまでして完全に見えている部分はほぼ目の周り付近だけです。

しかし!

カルロスゴーン社長といえば、一度見ればなかなか忘れられないくらい濃いー顔だちをしてます!
経営戦略を見据えたあの目ヂカラ!そしてクイッと吊り上がった眉毛

いやいや、、、、

そのわずかな範囲だけでも、もう完全にカルロスゴーンです
隠せませんよ!

しかもですよ
仮に!仮に!カルロスゴーンではなかったとして

ただの少し顔が濃いかなーっていう作業員のおじちゃんを警備員が厳重に車まで囲んで行きますか?
カルロスゴーンでなくとも注目集めますよね。

ちなみに深々と被っているブルーにオレンジのロゴのあの帽子
どこのメーカーなのか調べたところ

とある会社の作業帽子だったことがわかりました

埼玉県川口市の〈日本電装〉という鉄道の車両整備をする会社のものだったんです
オレンジのロゴは日本電装のNからきているのでしょうかね!

 

さらに不思議なことにあの帽子は今は使われていなく、3年も前にヘルメットに変更になっているとのこと。
日本電装の関係者の方も

「どういうルートで入手したのか…」

と困惑していたようです

ちなみに厳重警備の変装版カルロスゴーン社長はSUZUKIのワゴンに乗り込み
その場を後にしたのだとか。
まさか社名まで変装するとは、徹底ぶりがすごいですね!

スポンサードリンク

カルロスゴーン社長はなぜ変装しようと思ったのか。その理由はなぜ?

そうなってくると見るからにバレバレだったカルロスゴーン社長のあの変装作戦
どのような経緯で、もしくは誰が思いついたのでしょうか。決行に至った理由はなぜでしょうかね。
なぜあれでバレないと思ったのか。気になるところです。

カルロスゴーン社長の変装セットは担当弁護士のアイデア?

実はあの世紀のカルロスゴーン社長変装作戦ですが、今回のカルロスゴーン事案を担当している弁護士
高野隆弁護士が提案したものでした。

弁護士ってかなり頭が良くないとなれない職業。
それほどの頭脳を持つ高野弁護士はなぜカルロスゴーン社長に変装を提案したのかよほどの理由があったのでしょうか

これに関してはなんと高野隆弁護士自ら理由を述べていました。

高野弁護士によると
保釈後は制限住居(保釈を許された被告人が住むことの許された住居のこと)までマスコミや報道陣が追いかけてくることは
簡単に予想されると。弁護士の務めとして無事に住居へ送り届け、社会生活をより安全に過ごしてもらわなくてはならない。
住居まで追いかけてきたら一気に場所なども特定されてしまう

高野弁護士なりに精一杯カルロスゴーン社長のことを考えて、大真面目に作戦を考えたとのこと。
しかし法廷のプロも、変装のプロではなかったらしく、無残な結果となってしまったようです。

これには高野弁護士も
「私の未熟な計画のために彼が生涯をかけて築き上げてきた名声に泥を塗る結果となってしまいました」
とカルロスゴーンに謝罪をしていたようです。

まとめ

カルロスゴーン社長の変装に使われたダサいと話題の帽子は一般企業の作業帽子だった
カルロスゴーン社長のなぜあの変装セットだったかの理由は担当弁護士によるアイデアだった!

ということで、カルロスゴーンの次の華麗なる保釈劇、もしくは変装劇はあるのか
もしやるなら今度はもっとうまくやってよね!と思わざるを得ませんよね。

今回のカルロスゴーン社長の騒動は連日世間からも注目されているのでおさらいをしてみてもいいかも!
関連:カルロスゴーン社長は何をした?不正逮捕後の保釈 海外の反応が敏感

逆に目立つ変装をしてくれるなら、楽しみです。
引き続きカルロスゴーン氏の今後に目が離せません!
最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください