猫インフルエンザは人間にうつる!?症状や治療法・予防策は?

この時期話題に挙がるものとして、インフルエンザがありますが、今回は猫インフルエンザをご紹介致します。猫インフルエンザは人間うつるのか、その症状治療法予防策などを話していきたいと思います。

スポンサードリンク

1、猫インフルエンザは人間にうつる!?

そもそも猫インフルエンザとは何かをまずお話しさせて頂きたいと思います。

猫インフルエンザとは、ネコ科動物の上気道疾患で、通常はインフルエンザウイルスの感染による疾病ではないため、猫インフルエンザは誤った名前とされます。

なので、猫インフルエンザは、猫に症状の出るインフルエンザのような呼吸器疾患を示します。猫インフルエンザは1種類から数種類の病原体によって起こる病気とされています。

 

ウイルス学の分類に猫インフルエンザウイルスはないので、インフルエンザに似たような呼吸器の症状を起こす、猫のヘルペスウイルス感染症や、猫カリシウイルスを総称して、猫インフルエンザと呼ばれることはありますが、猫インフルエンザという物は存在しません。

私たちがかかってしまうインフルエンザは、季節性インフルエンザと言って、人と人との間で感染が広がります。なので、動物から人に、人から動物にインフルエンザが感染しないのでは無いかと思われるのですが、最近は人に感染する可能性があると話題になっています

 

ですが、猫を飼っている人がインフルエンザのような症状が出た何日か後に、飼っている猫にも、食欲が無くなったり、元気が無くなったり、呼吸器の症状が出て来たりもします。これは、その猫に、季節性インフルエンザが出たということになります。

 

ある一定の猫は、ヒト季節性インフルエンザの抗体を持っている可能性があります。抗体を持っていると言うことは、過去に感染をしたことがあることを意味します。

 

今のところは、人のインフルエンザが猫にうつることはあまり聞かれていませんが、もし仮に猫に感染してしまっても、症状を出さないことや、重症化することがあまりないので、気付かないことがあります。

今のところはと言ったのは、A型インフルエンザウイルスは、人のほかにも、鳥や馬、豚などに感染します。なぜ猫に感染しないのかと言うと、インフルエンザウイルスが、人と家畜の間でウイルス変異を繰り返していたことに関係があると思われます。

何かの突然変異で、インフルエンザウイルスが新型インフルエンザとなるサイクルを繰り返しているのです。

 

ですので、今のところは猫に人のインフルエンザウイルスが感染したという話は聞いていないのですが、突然変異で猫にも感染する新型インフルエンザウイルスが出てくる可能性があると言うことです。

専門家は、猫は人と接することが多く、猫インフルエンザが人の間で流行する可能性もあるとして監視が必要と指摘しています。

今のところ、猫同士の感染で済んでいますが、いつの日か突然変異を起こして人にも感染するようになれば、猫の予防接種も必要不可欠になってきますね。

大切な家族でもある猫ちゃんの健康を守るために、研究が進むことを願います。

スポンサードリンク

2、症状や治療法・予防策は?

人のインフルエンザウイルスが猫に感染した場合は、先ほども話したような、食欲が無くなったり、元気が無くなったり、呼吸器の症状が出たりします。

簡単にいえば、くしゃみや鼻水、口呼吸、発熱などの症状があらわれて来ます。そういった症状があらわれたら、直ぐに動物病院に連れていって、適切な処置を受けてください。

 

猫は症状が気づきにくいので、少しでもいつもと違う感じがあれば、よく観察をしてあげて、症状が出ていたら病院で検査をしてもらいましょう。

感染経路として考えられるのは、空気感染、飼い主からの感染、母子感染が挙げられます。

そのうちワクチンで予防できるのは6種類です。外へ出さないから大丈夫と過信せず、ワクチン接種は積極的に行ってほしいと思います。それも一つの、飼い主の義務ではないかと思います。

 

猫がインフルエンザ症状を出すと猫ウイルス性鼻気管炎を起こします。いわゆる風邪のようなものです。重症になると、急激な衰弱や肺炎、そして脱水症状を起こしてしまう事もあります。

ほかにも、猫カリシウイルス感染症というものがあり、この感染症には型があって、1つに感染した後にほかの感染を起こすこともあります。症状もそれぞれ違っていて、鼻気管炎と似たものや、口の中に潰瘍を作るものや、肺炎、腸で感染したりもします。

猫カリシウイルスは重症になることはまれだと言われていますが、近年は毒性の強い強毒全身性猫カリシウイルスの報告もあるので注意が必要です。とても致死率が高いウイルスです。

まずは、過剰な猫との接触を控える事、猫にワクチン接種を行うことがとても大切なことだと言えます。

3、まとめ

私たちがかかってしまうインフルエンザは、季節性インフルエンザと言って、人と人との間で感染が広がりますが、最近は人への感染が取り上げられているので注意が必要

今のところは、人のインフルエンザが猫にうつることは非常にまれなことで、もし仮に猫に感染してしまっても、症状を出さないことや、重症化することがあまりないので、気付かないこともあり。

専門家は、猫は人と接することが多く、猫インフルエンザが人の間で流行する可能性もあるとして監視が必要と指摘。

いかがだったでしょうか。猫インフルエンザが人間にうつる!症状や予防策は?というお話をさせていただきましたが、猫との接触の多い方は、是非ワクチン接種をしてあげてください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 黄砂2018はいつまで?症状(喉の痛み 熱 だるい)や対策について

  2. ビワの種の毒性(シアン)や効果効能は?杏仁豆腐のは食べるとNG!?

  3. 大人の粉ミルクとは?森永の成分や効果がヤバいと話題に!!

  4. 過眠症とは?ストレスや鬱が原因?甘いものは危険!?予防方法紹介!

  5. まつ毛ダニの症状 予防と治療方法やアイボン効果!マツエク注意!

  6. 温熱療法とはなに?危険?自宅でやる種類や癌に効果がある?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事