chai(バンド)とは?ブサイク(ブス)?年齢は?マナカナ似?


「chai」・・何だか聞かないバンドの名前ですが、早耳の音楽好きの間では、日増しにざわつきが広がっているようです。 何故か、ブサイク(ブス)だと言う声もあるようですが、ユニークな曲の歌詞が原因でしょうか。双子の女優マナカナと同じ名前のメンバーもいるそうで、年齢にも関心が集まっているようです。

スポンサードリンク

1、chai (バンド)とは?

まだ知名度が低いですが、2012年に結成された4人組ガールズバンドです。

4人の名前はマナ、カナ、ユウキ、ユナで、マナとカナは双子です。

元々はマナ、カナ、ユナユウキの3人は高校の同級生で3人とも軽音楽部でバンドを組んでいましたが、高校卒業と同時に解散しました。
※2018.1.6 訂正させて頂きました。ご指摘頂いた方、誠にありがとうございます。

その後大学に入ってから、この3人は再度バンドを作り、そこに、楽器を弾いたことのないユウキが加わったのです。

音楽に対する探究心はかなりのものがあり、ガールズバンドによくあるアイドル的な存在になることは求めておらず、男性バンドにも出せないような重厚で本物の音を出して、それに対する評価をして欲しいとメンバーは言っています。

ライブを観て感じるノリとは違った硬派な面を備えた異色のメンバーではないでしょうか。

結成してしばらくは地元名古屋を中心に関西で活動をしていましたが、2016年に東京に進出しました。メンバーはとても仲がよく、4人は同居して、家具や下着を除く服も共有だとか。

どんなに仲が良くても、別々に住むのがバンドの世界では常識らしいですね。プライベートでも四六時中、顔を突き合わせると、ちょっとしたことで喧嘩したり、その結果バンドがうまくいかなくなったり・・。

でも、このような感じで同居するということは、このメンバーは本当にとんでもなく仲がいいのでしょうね。

スポンサードリンク

2、chai がブサイク(ブス)?年齢は?マナカナに似てる?

chaiは年齢を公表していないようですが、2012年に大学生だったという情報があり、それから判断すると20代半ばではないかと考えられます。

chaiは、ビジュアル面でのコンプレックス(顎のしゃくれ、一重まぶた、ガリガリの体・・など)を持った人をコミカルな感じで勇気付けるような感じのユニークな曲を歌っていますよね。

コンプレックスはアートなりとか コンプレックスを持った人に「ネオ可愛い」といったり、コンプレックスを持った人に寄り添った表現が目立つし、また独特な発想をしているような感じがします。

メンバーがあるインタビューの中で、自分達のビジュアルが上レベルでないことに言及しているのと通じるものがあるのでしょうか。

chaiバンドメンバーブサイク(ブス)だというような声が少々聞こえてきますが、個性的な顔であって・・こればかりは好みの問題だと思います。どうでもいいことですが、双子のマナカナが双子の女優のマナカナと同じ名前ではありますが、顔は全く似てないと思います。笑

名前が同じだったため、マナカナに似ていると言う噂が独り立ちしてしまったようです。

3、まとめ

chaiをまとめると、こんなバンドです。

2012年に結成した4人組ガールズバンド

ビジュアルやノリだけで判断できないユニークなバンド

男性バンドにもに負けない、しっかりとした音楽を目指している

コンプレックスはアート という独特の価値感を示している

100人の女性がいたら、可愛さにおいて、自分達は絶対に上位10人の中には入らないと言ったり、まだ若いけど、お腹が出ているらしく、それを隠すことをしないで、堂々とお腹の出ていることをアートだと言ったり、バンドマン、美容師、バーテンダーは付き合ってはいけない男3Bであるけど、引っかかってしまう女性が多いようなことを歌にしたりと本当に独自の価値感を持ったバンドです。

筆者の周囲で芸能ネタに詳しい人間ですら、chai を知らない人が多いぐらい、知名度はまだまだですが、今後の活躍を期待したいところです。

スポンサードリンク





関連記事

  1. セレブ幼稚園 東京御三家はどこ?入園料や資格・条件は?

  2. 仙台育英渡部夏史の蹴りで大阪桐蔭と日本文理涙を飲む【問題場面有】

  3. 実写化映画のメリットとデメリットを、既存ユーザーと新規ユーザーで整理し…

  4. 冷凍ナマズ(バサ)とは臭み無い魚でおいしい味!ベトナムの白身魚!

  5. アンミカ旦那セオドールミラーや兄べネットミラーの年収や仕事は?

  6. チケットやグッズの転売で詐欺?ラクマ等のネット販売やSNSも危険!

  7. 成田空港到着時免税店の場所や商品を紹介!営業時間や免税範囲は?

  8. 食虫植物を栽培するメリットとデメリットを、屋外と屋内で整理しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事