痴漢(匂い嗅いだ疑惑)を避けるには?サラリーマンが防ぐには必見!

サラリーマンにとっては大変厳しい時代になりました。触っていなくても匂いを嗅いだと痴漢容疑をかけられるおそれが出てきたのです。誰かが見ても明らかに匂いを嗅いでいるのが分かるような異常事態なら捕まるのも納得です。でも勘違いされて匂い嗅いだ容疑をかけられたら…避けるにはどうすればよいのでしょうか?匂い嗅いだ疑惑を防ぐためにできることをまとめました。

スポンサードリンク

匂い嗅いだ疑惑の痴漢容疑がサラリーマンを驚愕させる事案が多発

匂いを嗅いだだけで痴漢容疑をかけられる。

女性の中にも、

匂いを嗅いだだけで痴漢容疑というのはサラリーマンは可哀想よね

と感じている人もいるのではないでしょうか?

一見するとかなり行き過ぎた制裁に感じる匂い嗅いだ容疑ですが、これを支える法律は刑法の「強制わいせつ罪」と各地方自治体が定める「迷惑防止条例」です。

それによると触った or 触られたが痴漢の判断基準ではないのです。

電車に乗っている女性が

このサラリーマンきもい!

と感じて声を上げれば痴漢疑惑がかけられてしまいます。笑

有罪判決を受ければ6ヶ月以下の懲役あるいは50万円以下の罰金刑が言い渡されます。

家庭崩壊につながる可能性をあります。

明らかに女性の匂いを嗅ぐために女性に接近しているサラリーマンは逮捕されるべきですが、そのつもりがないのなら匂い嗅いだ疑惑で容疑をかけられるのを何としても避けなければなりませんね。

女性の勘違いを防ぐにはどうしたらよいのかまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

サラリーマンが痴漢(匂い嗅いだ疑惑)を避けるには?

サラリーマンが匂い嗅いだ容疑を避けるには?

最も効果的な方法は、女性の近くに立たないことです。

たまたま後ろに立っただけでも、こいつきもい!と思われたら最後です。笑

電車の中では女性の近くには立たない!を徹底しましょう。

電車に乗るだけでこんなに神経を尖らせないといけないなんて…いっそのこと男性専用車両を作ってくれ!との気持ちでいっぱいです。

ただし、最も効果的な方法が女性の近くに立たないことと言いましたが、それはあくまで痴漢を避けるだけです。

仮に、理不尽な状況でそのような痴漢疑惑をかけられたら即座に仲間を作るべきです。

その仲間というのは弁護士が一番です。

ビジネス上の知り合いでいいです。

何かあった時、速やかに弁護士を呼べる体制を作っておいてください。

そして、現在の状況をしっかりと把握し、可能であれば近くにいる人へ

「今から弁護士を呼ぶので、この状況をありのままに話してほしい」

と伝えます。

もうこれでかなりのリスクヘッジとなります。

最近は女性専用車両に嫌がらせで無理矢理乗り込む男性も増え、電車内における女性と男性の溝はますます深まる一方です。

満員電車に乗っている時に容疑をかけられるのを防ぐということについては、現在、背中を向けて目をつぶり、最悪次の駅で下車して乗り換えるしかありません。

あ、顔を近づけないことも重要です。

あと、息がタバコ臭いと距離的には離れていても向こうにとっては臭いで近くに顔があると錯覚されてしまうかもしれません。

サラリーマンにとっては厳しい時代がやってまいりました。

まとめ

刑法の「強制わいせつ罪」と各地方自治体が定める「迷惑防止条例」により接触がなくても女性が不快に感じれば容疑をかけられる。

匂い嗅いだ疑惑を避けるには電車内では女性の近くに立たない。

匂い嗅いだ疑惑を防ぐには満員電車内では女性に背を向けて目をつぶり、最悪下車。

いかがでしたか?元々は、長い歴史の中で電車で女性に痴漢するサラリーマンがあまりにも多かったため、匂い嗅いだだけで容疑をかけられるという異常事態が起きてしまったのだと思います。

痴漢をする気など全くないサラリーマンは男性専用車両を本気で作ってくれ!と願っているにちがいありません。さいごまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 蒼井優がタバコで歯がヤニで汚れている模様!驚きの銘柄とはなに!?

  2. 安倍昭恵がバカすぎる!居酒屋uzuとは?【まとめ2】

  3. いしだ壱成の逮捕歴とは?元嫁えみ(三宅恵美)の男遊びや現在は?

  4. 近畿財務局 赤木俊夫の経歴は?池田統括管理官が遺書に口止め汚職か

  5. 澤村の神経麻痺トレーナーは誰か?復帰はいつでなぜミスが起こった?

  6. 山尾志桜里不倫相手Kの倉持麟太郎弁護士とは誰!【ガソリン問題】

  7. 佐藤健はどこで撮れる?写真や隠し撮りはいつまで?亜人の半券必須!

  8. 東方アンチ絵師がやしろあずきツイッターアカウント凍結!?工作員?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事