ドタキャン対策で話題の予約キャンセルデータベースとは!?

私は飲み会が好きで、幹事を務めることも多々ある。そして人気店では稀に「Reserved(予約済)」というフラグが置かれているにも関わらず誰も来ないまま、ラストオーダーの時間が虚しくやってきた光景も見てきた。もしかするとこれを読んでいるあなたも昔、どこかのお店を予約した際にドタキャンをしてしまったことがあるのではないか?

 ・予約したものの、その後気になっているお店が偶然予約することができ、当初予約していたことを失念していたとか
 ・合コンなどウキウキする飲み会で幹事を務めていたにも関わらず、当日になってドタキャンされ、そのドタキャンによるショックで連絡を失念(or 連絡する気力が無かった)していたとか

悪意は無いとしても、もしかするとあなたも経験があるかもしれない。
アンケートによると約20%近くの人が、そのような経験があるというのだ。
そしてついに飲食店経営者には朗報となる予約キャンセルデータベースというものが、先日Twitterで話題となったのだ。

スポンサードリンク

1、予約キャンセルデータベースとは?

予約客のドタキャンによるお店の損失は非常に大きい。どれくらい大きいかと言えば一般的に飲食店の粗利益(売上 – 食材等の仕入原価)は30ー40%である。
もし1人¥5,000の飲み放題付きコースを6人で予約していた場合には、店にとっては大凡¥10,000前後の機会損失である。人件費の高騰が騒がれているこのご時世、1人を終日雇えるだけの金額である。
そういった被害にあったお店が、ドタキャンを行なった予約者の携帯番号を集約し、ドタキャンを未然に防ごうという想いの集ったサイトが、今回御紹介する予約キャンセルデータベースである。
使い方は至ってシンプルだ。ログインしてIDとパスワードを設定した後、使う機能としては

①ドタキャン者の番号登録
②番号検索

この2つのみである。

登録店側は事前に予約者がドタキャン経験者(言わばブラックリストであろう)かどうかを検索・判断出来る。
予約する側としては、もしドタキャンした場合にブラックリストに載ってしまうかもしれないという深層心理が働く。

一見すると、至極合理的な、寧ろ何故今まで無かったのか理解し難いシステムでは無いだろうか?
元々この予約キャンセルデータベースはある個人の方が近所のお店オーナーが困っているのを見て開発されたものであるとのこと。
ちなみにドタキャンの定義であるが、無断キャンセルだけでなく当日ギリギリの時間になってからのキャンセルも同義である。お店側は予約された方の料理を作るための食材や人を用意して待ってくれているのだから。

2、法的にはOK?

予約キャンセルデータベースについては、サイト運営者及びメディア両者で弁護士より個人情報保護法等へ抵触する可能性は極めて低いとの返答をもらっているとのこと。(基本的に弁護士は「絶対にありえない」などの表現は用いない)
何故かというと、予約キャンセルデータベースは氏名・生年月日・住所などの言わば個人を特定するための情報が電話番号と一致していない(そもそも登録しない)ため、法律には抵触する可能性が低いとされている。
また、予約キャンセルデータベースは現在、非営利で無償運営されていることもあり、より法律には抵触し辛いと考えられている。

一方、店側については本人の同意を得ずして外部に情報を提供することは禁止されている。そのため、サイトに登録することに於いて賛否両論あるため、予約時の注意点としてドタキャンの場合には登録する旨を事前に通知しておくなど、何かしらの対応が必要と思われる

スポンサードリンク

3、ドタキャンをする心理とは

冒頭にも少し述べさせて頂いているが、自分で予約しておきながらドタキャンをする心理について以下のように整理してみた。
①予約していたことを認識しており、キャンセルしたつもりでいた
②予約していたことは認識していたが、面倒で後回にして忘れてしまい、結果として無断ドタキャンとなってしまった
③予約していたこと自体、忘れており連絡ができなかった

①の原因は大きく2つあると考える。
先ず予約者側の問題としてキャンセルをネットで行なった場合である。最近はネットでの予約・キャンセルが気軽に出来る時代であるが入力時点で最後の確定ボタンを押していない等の理由でお店へしっかりとデータが飛んでいなかったことが考えられる。(ちなみに私は予約でそのパターンを経験している)
もう1つは店側の問題である。電話で店へキャンセルの旨を伝えたにも関わらず、受け手の従業員が忙しかったのか、そのキャンセルの反映を失念していたことである。電話で予約をしていたにも関わらず、当日行ったら名前が無かったという経験は無いだろうか?

②はビジネスに於いては結果の出ない人間の典型的な例である。
取り掛かればすぐ終わるにも関わらず、後回しにしてしまう。
この深層心理については今度別の記事で確りと触れたいと考えているが、
何故後回しにしてしまうのか?という理由を簡単に言えば
プライベートにおける自身のThings To Doとマイルストーンの整理が出来ていないからである。これが出来るようになると、goalはいつで、それまでのPhase1、Phase2、Phase3で何をしなければならないか?
という風に時期とアクションが明確になり、今回で言えばたかが予約キャンセルの電話1本というものでも、やらねばならないタスクであることをより強く認識することとなる。

合コンで先方にドタキャンされた場合にはショックは大きいが、当日にドタキャンするような人間に自分の貴重な時間を費やさなくて良かったと前向きに捉え、予約キャンセルの連絡は心が痛いが責任を持って対応しよう。笑
ここで俗にいう「出来る人」であればドタキャンした人の代打を速やかに用意し、夜の飲み会を楽しむことであろう。

③については、恐らく色々なお店を予約してしまった上に、予約時にメモを取っていなかったものと推測される。
飲み会での幹事というものは、ビジネスにおけるプロジェクトマネージャーと似ているものである。
プロジェクトを円滑に回す上で、自分達のことだけではなく、協力してくれるパートナー(お店)に対しても気を使うのが当然である。
予約キャンセルデータベースは今後の動向が楽しみであるが一方で、このような仕組みが無いことが当たり前の世の中になって欲しいものである。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 【必見】大人気映画サマーウォーズが再放送!あらすじは?

  2. ピース綾部のアメリカ完全移住が遂に決定!ビザが下りニューヨークへ

  3. 冷凍ナマズ(バサ)とは臭み無い魚でおいしい味!ベトナムの白身魚!

  4. アンダーアーマー製ランニングシューズの特徴!【2017年夏におすすめ】…

  5. 24時間テレビマラソンはベッキーで決定か!2017愛が不倫を救う?

  6. 小泉今日子が独立して辞めた理由はなぜ?不倫や今後の活動はどうなる?

  7. 東方アンチ絵師がやしろあずきツイッターアカウント凍結!?工作員?

  8. 【ヒアリ対策】近づく事すら防ぐネットカバーが発売!くればぁとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事