【ヒアリ対策】近づく事すら防ぐネットカバーが発売!くればぁとは?

ヒアリが国内各地に広がっていることを踏まえ、工業用フィルターやメッシュ製造を手掛ける「株式会社くればぁ」は14日、ヒアリ対策として有効な脚や腕のカバー、害虫退避ネット、害虫退避のポンチョ・ストールを発売した。

スポンサードリンク

1、株式会社くればぁとは?

株式会社くればぁとは愛知県豊橋市大村町に本社を置く、
医療用・業務用・家庭用のメッシュ加工企画製品を製造している会社である。

ISO内部品質監査員という資格者も2名在籍しているという。
これは製品の品質において、
・製品実現の計画や組織が決めた要求事項に適合しているか
・品質マネジメントシステム効果的に実施され維持されているか
といったチェックを厳格に行う資格者のことである。

大変心強い限りだ。

仕入先は旭化成商事や帝国繊維などの大手繊維メーカーであり、
販売先は防衛大学や大阪大学、九州大学など著名な大学である。

株式会社くればぁでは過去にエボラ出血熱を防ぐマスクや、
鳥インフルエンザ対策のネットを海外に販売した実績も持っている。
海外からも技術が認められた会社でもあるのだ。

スポンサードリンク

2、気になる値段・効果は?

今回発売するネットカバーはメッシュ(網目)にヒアリが避けるヒノキの匂いと特殊な殺虫剤を配合させたもので、
ヒアリ以外にもマダニや蚊などを退避させる効力があり
実験では9割以上のアリ・ダニが近寄らなかったという。
(ダニや蚊も防げるとは、ヒアリに関係なく欲しいと思うのは私だけだろうか・・・)

商品名は、くればぁ虫退避ネットPROという。
なんともイケてる名前である。
どうやら、洗っても効果は継続するそうで、人間には当然ながら無害とのこと。

販売されるネットの種類はどうやらメッシュの大きさに分かれて2種類あるようだ。
値段であるが、
東愛知新聞によると、

1メッシュ(白色)が0.85ミリ×0.7ミリのネットカバーは、横幅が1.8メートルあり1メートルあたり9,720円
1メッシュ(黒色)が1.0ミリ×1.0ミリのネットカバーは横幅が0.9メートルあり2メートル単位での販売となり、2メートルで4,860円
とのこと。

どちらが得かというと、いろいろな考え方があるが、

白色のメッシュは1.8平方メートル(横1.8×1メートル)で9,720円
黒色のメッシュは1.8平方メートル(横0.9×2メートル)で4,860円
となり、なんと面積辺りの値段で見ると2倍の差である。

価格が違う理由としてはメッシュの大きさであると考えられるが、
東京都環境局によると、ヒアリの体長は2~6mmとのことであり、
黒色の若干メッシュが大きい方でもヒアリの大きさを考えると十分に侵入を防ぐ事が可能だ。

また、そもそもこの商品の売り

 

ヒアリが避けるヒノキの匂いと特殊な殺虫剤を配合させたもので、ヒアリ以外にもマダニや蚊などを退避させる効力がある

というところにあるので、心配は不要であろう。

ヒアリについて、分かりやすいイラストを描いている人を見つけたので、下記に載せさせて頂きます。

3、どこで買える?

さて、このヒアリを防ぐネットカバーであるが、
現在は株式会社くればぁの会社公式HPを通じてネット販売を行なっているとのこと。

もし身近にヒアリの目撃証言が出た場合には、こういった商品を検討されることをおすすめする。早くヒアリのいない平和な自然に戻って欲しいものである。

スポンサードリンク





関連記事

  1. chai(バンド)とは?ブサイク(ブス)?年齢は?マナカナ似?

  2. ユニクロのスラックス(感動パンツ)仕上げ時間を実際に確認してみた

  3. 実写化映画のメリットとデメリットを、既存ユーザーと新規ユーザーで整理し…

  4. 冷凍ナマズ(バサ)とは臭み無い魚でおいしい味!ベトナムの白身魚!

  5. 小室圭母親の借金は祖父でない?父親パパは何者で遺産や職業仕事は?

  6. カラオケVRとは?恨みの村がホラー過ぎる!?【他シリーズ動画有】

  7. アンダーアーマー製ランニングシューズの特徴!【2017年夏におすすめ】…

  8. 北朝鮮がグアムか日本へ危険なミサイル発射か!?旅行はキャンセル!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事