細谷伸之wiki経歴 無能であかり先生が消された消息不明の真相か?【裏アカふぁねる】

大人気アニメ『けものフレンズ』のプロデューサーの細谷信之がそろそろやばそうです。
ツイッターではたつき監督批判している裏アカが特定され、さらにはあかり先生が消された消息不明騒動に関与していたのではという疑惑も!
そんな掲示板などで無能と呼ばれる細谷信之プロデューサーのwiki経歴も見ていきましょう

スポンサードリンク

無能と呼ばれる細谷信之のwiki経歴

細谷伸之さんのwiki経歴をわかりやすく紹介します。

本名 細谷伸之
年齢 47歳
出身地 不明
現所属 テレビ東京
職業 アニメプロデューサー

テレビ東京に入社後は、コンテンツ事業局アニメ事業部主任やメディア事業推進本部ライツ事業部主事などを経て
現在はテレビ東京プロデューサー
また、テレビ東京アニメ局アニメ制作部 兼 アニメ事業部の副参事でもある

ふと思ったのですが、テレビを製作している現場の人の役職って
色々あってイマイチピンとこないですよね(ディレクターとかプロデューサーとか……)

4.16追記:けもフレ2のSNS騒動についてまとめました。
是非とも合わせてご覧下さい>>けもフレ2 SNS内容炎上理由まとめサイト 謝罪文やプロデューサーなども紹介

wikiで調べたところ、大体の製作現場の順番でいうと
プロデューサー → ディレクター → アシスタントディレクター
という順番らしく、細谷Pは一番上にいる方なのですね。おぉ偉い人!

例外として監督はまちまちみたいですね
新人の監督はそんなに権力はないでしょうし、宮崎駿監督とか現場にいたらとんでもないことになるでしょうし(笑)

こうして細谷Pのwiki経歴を見返してみるとかなり順調に出世街道を歩んできたのではないでしょうか

しかもこの細谷信之というプロデューサーですが、けものフレンズ以外には
劇場版ポケットモンスターにも数多く関わってきたのでかなりすごいお方なんですよ!

この経歴を見る感じではあまり無能という気がしないのですが
なぜ無能と呼ばれることになるのでしょうかね?

ところが、今現在

このプロデューサーというかなりお偉い立ち位置にいる細谷信之Pが
色々問題をやらかしてくれちゃっているようです。

そんな子供が大好きなポケモンなどを担当する細谷Pですが
子供には言えないような闇の裏の顔があったというのです

そしてその裏の顔が、けものフレンズ界隈を探せている
あかり先生が消された騒動に関係しているのではと話題になっています。

スポンサードリンク

細谷信之【裏アカふぁねる】あかり先生が消された消息不明の真相か?

さてこの細谷信之が、あかり先生消された消息不明騒動の真相と考えれる理由はなんなのでしょうか?
それは先ほどお伝えした細谷信之の裏の顔に関係があるようなのです

ネットでは細谷信之Pは自身のツイッターアカウントの他に裏アカウントを持っているのでは
とささやかれていて、かなり有名な話でもあるようです

そのアカウントとされているのが【氷村ふぁねる@Palis 12832142
というアカウントで少し前からツイッターなどではふぁねる=細谷信之説があったそうです

細谷信之Pのツイッター裏アカ「ふぁねる」説

というのも画像から分かる通りこのふぁねるというアカウント
けものフレンズ第1期の監督である「たつき監督」を攻撃するためだけに作られたようなアカウントなのです。

そして様々な問題発言や過激な絡み方をして、訴訟までされているようなのですが、
つい最近この「ふぁねる=細谷信之」の確証がほぼ取れたということなのです。

こんな手法があるのか?!!とびっくりするのですが、どうやら調査した人は
両アカウントのパスワードリセットの仕組みを駆使し、かなり黒よりのグレーまで
証拠をつかめたそうなのです(方法は画像参照)

そしてこのふぁねる=細谷信之の方程式が完成したことにより
これまでの発言や態度などから細谷信之が無能と言われたのでは?と
筆者は推測してます。

というよりも、元々は細谷信之さんをYahoo検索すると「wiki」や「無能」という関連キーワード(虫眼鏡のやつです)があったんです。
なので、色々とそういったキーワードについて調査していたんです。

しかしながら、この記事を書き終わってからもう一度見ると、なぜかwikiなどのキーワードが全て消えてました・・・・・
(なぜだ・・・・・笑)

 

確かにいい社会人の、立派な地位にいる人間がすることではないですよね
無能と検索されて関連キーワードに出るのも仕方ないんですかね…
ちなみに関連キーワードで無能と出ていた人で記憶に新しいのは韓国のムンジェイン大統領でした。
実際には無能ではないので、やはり一般人の検索キーワードがそのまま出るんですかね・・。

でも、皆さん!!
筆者が今回お伝えしたいのは

ある発言をしたツイートがいかにもやばそうなのです
ということ!

それが先ほどご紹介しているあかり先生消された騒動の消息不明
関連が出てくるのでは?と推測できるのです

一体どんな発言なのか
その問題のツイートがこちら

Palis@Palis 12832142というアカウント

そう

氷村ふぁねる@Palis 12832142とIDが一緒ですよね

先ほどの方程式が正しいとするとこの
細谷信之があかり先生を徹底的に潰しておけ

と発言、考えていたということになるからです

そうなると当然けもフレ2のプロデューサーである細谷信之
騒動の発端となったけもフレ2オーディション脚本盗用問題のAGN加藤英治

あかり先生に対して
けもフレ2関係者、それもかなりの地位にいる人物の2人が
◆細谷信之⦅徹底的に潰したい
◆加藤英治⦅直接あって謝罪したい⦆(←この発言の真意は関連から推察していただけると)

関連:あかり先生(声優)消息不明 失踪経緯や理由はなぜか 台本盗作で音信不通
関連:AGN加藤英治 あかり先生へのメール内容全文まとめ わかりやすく説明

これはナニカが起こってもおかしくなそうなニオイがしてきましたね

ただ、

忘れて欲しくないのが
このあかり先生消息不明騒動に関してここに綴っている内容は
あくまでウワサを元にした筆者の妄想に過ぎないので、
何1つ事実だという確証はないのでご注意ください!

都市伝説です。夏の夜のような『怖い話』みたいなものですからね!

とまぁ少し話は逸れましたが

細谷信之もあかり先生消息不明騒動に関して
何か有力な情報を知っているのでは?と思い
知っていたらあかり先生を助けてー!

ということが言いたかったのです。

本当ですよ

2019年4月25日追記:もしまだ見ていない人がいればこちらを是非。
細谷氏が左遷になりました。
>>細谷伸之 左遷異動の理由はなぜ【テレ東プロデューサーけもフレ2】

まとめ

細谷信之はwiki経歴を調べてみたら、ポケモンなどかなり有名なアニメを担当していた
氷村ふぁねるというアカウントの発言などから無能と呼ばれたのではないか
『細谷P=裏アカふぁねる』ははかなり確率が高そうな情報
あかり先生消息不明を示唆するような発言をふぁねるがしていた
細谷信之も関わっているのではないかということが考えられる(気がする)

いかがでしたでしょうか。

けものフレンズ2界隈からホコリのような、サビのようなものが
いくらでも出てきますね。

人のことを裏でここまで言える人間は信用できないですよね
たつき監督やあかり先生は本当に『のけもの扱い』されている気がしてなりません

皆様も身の回りのやばそうな獣のような人には十分ご注意くださいね!

今回も筆者の妄想にお付き合いいただきありがとうございました

消される前におすすめ:加藤英治とは AGN経歴や声優あかり先生消息不明の騒動問題点まとめ
消される前に読むべき:加藤英治(AGN)の評判や闇が超絶深かった件【けものフレンズ2炎上事件】

あかり先生関連で情報があれば、随時連絡下さい!!

スポンサードリンク





関連記事

  1. 加藤美南インスタ乗っ取りの理由はなぜ?インスタ不適切投稿の真相

  2. ゴーン社長 動画公開した逮捕理由は誰?実名出ずも特定班が猛調査!

  3. いしだ壱成の逮捕歴とは?元嫁えみ(三宅恵美)の男遊びや現在は?

  4. 田口淳之介保釈会見はいつ?保釈金はいくらで誰が払う予定?

  5. 松永真菜弟YouTubeライブはいつ?配信内容は

  6. 飯塚幸三息子 飯塚智浩(クボタアグリサービス社長)説 デマのガセ情報だ…

  7. あかり先生 復帰ブログ記事が削除 消えた理由はなぜか 再度失踪か・・・…

  8. 野田文信の前科が逮捕歴ありでヤバい!野田聖子夫に文春砲!【画像】

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 4月 13日

    まとめご苦労様です

      • 管理人
      • 2019年 4月 13日

      お読み頂きありがとうございます。
      何か情報ございましたら、引き続き宜しくお願い致します。

    • 匿名
    • 2019年 4月 20日

    http://kemono-friendsch.com/archives/82259
    細にぃ全米デビューしましたよ!やったね!
    まあ、こいつさえなんとかすれば、調査深めてあかり先生の真相も明るみに出るだろ

      • 管理人
      • 2019年 4月 20日

      情報ありがとうございます!
      我々編集部でも調査致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事