勝間和代のカミングアウト フライングで子供へ配慮が足りないとの声も

勝間和代のカミングアウトはフライングで子供へ配慮が足りない?当ブログでもご紹介した勝間和代の増原裕子との同棲カミングアウト(後述)の続報です。悩んだ末にカミングアウトした勝間和代には称賛の声が集まっていたのですが、一方で子供へ配慮が足りないとの声も上がり始めました。勝間和代のカミングアウトは子供の気持ちをおいてけぼりにしたフライングであったと感じた人も多数いたということですね。

スポンサードリンク

勝間和代が増原裕子との交際カミングアウトについて

以前当ブログでも勝間和代が増原裕子との交際をカミングアウトした記事を執筆し掲載しました。
前回記事はこちら>>勝間和代が同棲した増原裕子のプロフィールや経歴 離婚理由とは?

勝間和代のカミングアウトは社会を変える大変ポジティブなものとして世間に受け止められました。

勝間和代さんに対する著名人の声

著名人らからも勇気を讃える声がぞくぞくと集まりました。
@乙武洋匡
勝間和代さん、渾身のカミングアウト
そして、早く渾身なんて意気込むことなく、さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたいですよね

@津田大介
2人で映っている写真がとてもステキだと思う。こうやって少しずつ社会は変わっていくのだろう

 

カミングアウト直後は称賛する声しか注目されていなかったのですがある事実によりネガティブな声も上がり始めています。

勝間和代がカミングアウトしたことで勝間和代について調べる人が急増し今までの結婚歴や子供の存在が明らかになったためです。

実は勝間和代には2回の結婚・離婚歴があり子供が3人いたのです。

その事実を知ったことで

「えっ!?この人子供3人もいたの!?あのカミングアウトは完全にフライング。子供へ配慮が足りないから」

との声が上がり始めたのです。

まあ個人的には

「ほっとけよ。ってかわざわざSNSで言うなよ。お前みたいなのがいちいち騒ぐから事が大きくなるんだよ。それっぽいこと言って優越感に浸ってんなよ。」

という感じですが、一旦は今回の騒動などについてまとめます。笑

スポンサードリンク

フライングで子供へ配慮が足りないとの声も

勝間和代の増原裕子との交際・同棲カミングアウト→勝間和代を調べ経歴に詳しくなった人が急増→2回の結婚・離婚歴と3人の子供の存在が判明→子供への配慮が足りないという流れで現在、勝間和代を責めるような声がちらほら上がっています。

確かに子供がいる中で同性愛をカミングアウトすると言う事が、子供にとってどのような影響が起こりえるのかは考えているのか?という意見に対しては筆者同じ意見です。

ただ、子供が何も知らされずにカミングアウトしたのなら確かにフライングですが筆者は勝間和代はカミングアウトするにあたり子供たちにはしっかり思いを伝えていたはずだと思っています。

このカミングアウトが子供の気持ちを置き去りにしたフライングだったとはどうしても感じることができません。

というのは勝間和代はカミングアウトするにあたり「とても悩んだ」と語っています。

当然子供達のことを考えてとても悩んだはずです。

カミングアウトすることは勝間和代には何のメリットもないと思います。

勝間和代はもともと執筆活動などで幅広く活躍しているためカミングアウトすることで仕事を増やそうという計算はないはずです。

勝間和代はカミングアウトした理由を次のように語っています。

「同性を好きになるのははじめてですごく悩んだけど社会が変わる契機にと考えてカミングアウトした」

勝間和代のカミングアウトは子供の存在も含めとても悩んだ末のカミングアウトであったと感じています。

LGBT・多様性という言葉が重要視されている現在、このような存在はとても重要なものであると考えてます。

まとめ

勝間和代がカミングアウトした当初は勝間和代の勇気を讃える声がたくさん集まっていた。

勝間和代の結婚・離婚歴と子供達の存在が判明したことで勝間和代のカミングアウトはフライングで子供への配慮が足りないとの声も上がり始めた。

勝間和代は子供達がいるからこそとても深く真剣に悩んだのだと思います。筆者は勝間和代の勇気ある決断を支持したい気持ちでいっぱいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 強制不妊手術とは治療?危険な可能性も利用急増の理由はなぜ?

  2. 終活とは何か やり方や準備は何をする?問題点や注意点も話題に

  3. 勝間和代が同棲した増原裕子のプロフィールや経歴 離婚理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事