菊池梨沙 城島茂と売名結婚か?あざとい性格で破局の可能性も城島がゾッコン!

25歳上の城島茂シゲル君と呼び骨抜きにしてしまったことで菊池梨沙の性格はかなりあざといと言われています。城島茂の一目惚れから始まった恋。菊池梨沙と城島茂は結婚の意思があるのですがゾッコンな城島茂に比べ菊池梨沙には売名結婚との声も上がっています。

スポンサードリンク

菊池梨沙 城島茂と売名結婚か?

TOKIOの城島茂は知名度が高いですが菊池梨沙?誰?という人のためにプロフィールをまとめました。

菊池梨沙は生年月日が1995年6月3日生まれで22歳

現在日本芸術大学の学生です。

一方城島茂は1970年11月17日生まれで47歳です。

菊池梨沙はバングラデシュと日本のハーフでグラビアアイドルとして活動しています。個人的にとても可愛いと思います。写真を見るまでは

どうせいつものパターンでしょ

と思っていましたが、本当に可愛いので、これは年をとっても惚れてしまう気持ちが分かります。笑

菊池梨沙と城島茂の熱愛が報じられたのは2017年5月のことでした。

城島茂の一目惚れから始まった恋でした。

ちなみに菊池梨沙のタイプの男性は年上とのことです。

熱愛報道が流れて割りとすぐに今度は破局報道が流れました。

しかしその直後に再びデート現場が撮られています。

この不自然な感じおそらくジャニーズ事務所が破局報道を流したのでは?とつい疑ってしまいます。(^-^;

菊池梨沙がどれほど美人であろうとやはりカップルに格差があると言われてしまうのが売名です。

城島茂の一目惚れから始まった恋なのに売名と言われてしまうのは気の毒ですね。

菊池梨沙と城島茂はお互いに結婚の意思があるみたいです。

菊池梨沙はまだ学生だし早い気がしますが、城島茂の方がかなりゾッコンで結婚したがっているとの情報があります。もう47歳だしそろそろと思っているに違いありません。

スポンサードリンク

菊池梨沙 あざとい性格で破局の可能性も城島がゾッコン!

菊池梨沙が性格があざといと言われるのは城島茂を手玉に取っているように見えるからではないでしょうか?

週刊誌に撮られた写真を見ても分かるように菊池梨沙と城島茂は親子にしか見えません。

このため菊池梨沙はパパ活程度にしか考えていないんじゃないか?

との声が上がっているのです。

恋愛においては惚れた方が負けとの法則があります。

城島茂の方がゾッコンなので菊池梨沙に余裕があるように見えるのは当然といえば当然です。

この余裕こそが菊池梨沙が売名と言われる原因を作っているのだと思います。

城島茂は菊池梨沙にかなり入れ込んでいて年齢的にも結婚を意識しています。

でもジャニーズ事務所という大きな壁があります。

なぜにジャニーズ事務所はあれほどまでに人の恋路を邪魔しまくるのでしょうか?

稲垣吾郎も結婚を邪魔されたみたいなんで城島茂も邪魔される可能性大です。

菊池梨沙の性格は城島茂も知っていると思うので今後破局があるならあざとい性格が原因ではなく事務所の影響だと思います。

写真はご本人のツイッターより。めっちゃ可愛いです。笑

菊池梨沙まとめ

菊池梨沙と城島茂の25歳差で2017年5月に熱愛報道が流れた。

城島茂は菊池梨沙にゾッコンで年齢的にも結婚の意思がある。

余裕が感じられる菊池梨沙に売名の声が多数。

筆者的にはめっちゃ可愛いと思うので、結婚出来たら御の字

いかがでしたか?今まで散々ジャニーズ事務所が恋を引き裂くのを見てきたので菊池梨沙と城島茂の恋がいつまで続くか分かりません。

また菊池梨沙の年齢が若すぎるため、他にいい人が見つかったら城島茂の元から去ってしまう可能性もあります。

城島茂としては結婚に持ち込みたいと思いますが、さてさてこの恋はどうなるでしょうか?静かに見守りたいと思います。さいごまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 志尊淳の現在の彼女(プリクラ京子)は誰?本名や学歴も公開!

  2. 永野(ビンタ芸人)は何故消えた?ガチギレやとんねるずが原因?

  3. 堀口ミイナ(元三菱商事)の経歴が凄い!可愛い・嫌いと賛否両論!

  4. インパルス堤下と嫁の松枝美希が別居報道!理由やダンサー妻の性格は?

  5. エドはるみのリバウンド ライザップ効果が現在皆無でまた太ったと話題に

  6. 寿るいとは?フライデーで才賀紀左衛門の不倫相手として報道される!

  7. GFO(GRAND FAMILY ORCHESTRA)訃報で今後の活動…

  8. 飯島三智の新事務所現状!!株式会社CULENで現在何をしている?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事