小泉今日子が独立して辞めた理由はなぜ?不倫や今後の活動はどうなる?

日本の大女優 小泉今日子がマスコミを大混乱させています。今後の活動大丈夫でしょうか。永年在籍していた事務所を辞め独立宣言から異例の豊原功補との不倫公表です。不倫公表は小室哲哉に乗っかって今のうちにと自らリークしたそうです。事務所を辞めて独立した理由と豊原功補との不倫報道の裏側今後の活動はどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

小泉今日子が独立して辞めた理由はなぜ?

デビュー当時から在籍していた大手芸能事務所バーニングプロダクションを辞めて独立宣言した小泉今日子ですが、その理由が穏やかではないんです。

小泉今日子と不倫関係にある豊原功補との関係をバーニングプロダクションが事実を捏造したとの事務所を批判する告発文のような内容が含まれていたんです。

数年前に小泉今日子と豊原功補がスクープされた時に豊原氏がまだ離婚していなかったのに離婚しているとの情報をバーニングプロダクションが流させたという内容です。

小泉今日子は大物芸能人なので事務所側はなんとしても火消しをしたかったのでしょう。それを今になって事務所を辞めるタイミングで語っているのです。

小泉今日子はバーニングプロダクションに言わば挑戦状を叩きつけた上での独立宣言ですから今後の活動を危ぶむ声もちらほら上がっているようです。

バーニングプロダクションの周防郁雄社長芸能界のドンと呼ばれている人物ですからね。

スポンサードリンク

小泉今日子の不倫や今後の活動はどうなる?

小泉今日子は歳の差交際で話題になっていた亀梨和也と2015年前に恋人関係を解消し、その後豊原功補と不倫関係にあったようです。

2年前に小泉今日子は豊原功補との関係を友人同士のような関係であるとしながら交際していることを認めています。

変装もせずにドラッグストアで日用品を堂々と買う姿に豊原功補は離婚が成立していて結婚間近ではないかとの情報も流れている一方で豊原功補は別居中との情報もあり真相が良く分からない状況だったんです。

今回の小泉今日子のリークにより当時豊原功補はまだ離婚が成立しておらず2人は不倫関係にあったことが真相だと判明しました。

事務所を辞めて独立することに決めた理由として小泉今日子の事務所に対する強い不信感や反発があるのではないかと思います。

今後の活動ですが大物女優と言えど大手芸能事務所と芸能界のドンの周防郁雄社長を敵に回してのことですからかなり厳しいものになるのではと予想されます。

今回、このタイミングで小泉今日子が不倫を発表したことについて非常に賢いと一部で言われているようです。その理由として、ここ最近は不倫について世間の目が非常に厳しかったことはご存知かと思います。

人気が非常に高かった宮迫さんが一気に世間から強いバッシング&出演見合わせというのが分かりやすい例ですよね。

そんな中、つい最近は小室哲哉の不倫疑惑報道がありました。普通であれば不倫疑惑のある小室哲哉にバッシングを食らって終わりのはずなのですが、今回に関しては小室哲哉さんが不倫疑惑と思われてしまった理由や自身の弱さを正直に告白したことの他に、そもそもの小室哲哉という天才を引退させた週刊誌の報道姿勢に対して強いバッシングがありました。

そして小泉今日子は、その週刊誌が世間から食らっている逆流に上手く乗っかり今回の不倫発表をしてダメージ・バッシングを少なくしたと言われています。

まとめ

小泉今日子がデビュー時から在籍していたバーニングプロダクションを辞めて独立宣言!

小泉今日子が事務所の不倫捏造を告発

小泉今日子は不倫と大手事務所からの独立で今後の活動は厳しいのではないかと予想

いかがでしたか?不倫リークは小室哲哉に乗っかった説もありますが(小室哲哉の不倫報道でマスコミの報道の仕方に批判が集まっている)いずれにせよ今後の活動は厳しいと思います。斉藤由貴も全然仕事ないしですね。さいごまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク





関連記事

  1. ルビーチョコレートの味は?どこで買える?原料が凄い!

  2. お盆玉のポチ袋は妖怪ウォッチやポケモンが吉?子供が喜ぶお盆玉!

  3. インパルス堤下と嫁の松枝美希が別居報道!理由やダンサー妻の性格は?

  4. 海老蔵の新恋人(新彼女)は誰?まめ藤(尾上右近の元カノ)と再婚?

  5. ガガ活動休止はなぜ?復帰はいつ?理由の心身の慢性的な痛みとは?

  6. 24時間テレビのマラソンはやらせ?過去には放送事故が発生!?

  7. ミサイルや地震のJアラート音がうるさい!鳴らないようにオフ設定!

  8. 山尾志桜里不倫相手Kの倉持麟太郎弁護士とは誰!【ガソリン問題】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事