TV関連

皇室批判のタブーや噂の真相まとめてみた【秋篠宮家のお噂・皇太子】

近頃、秋篠宮家を筆頭に皇室批判をする声や文章を見聞きすることが多くなりました。
しかし、皇室批判はタブーではないのでしょうか。実際のところは、どうなのでしょうか。
今回は、皇室にまつわるタブーや噂の真相をまとめてみました。

スポンサードリンク

皇室批判はタブーなのか

一般的に皇室批判というと、タブーなイメージがありますよね。
批判していたことが見つかったら捕まってしまうのでは?などというイメージが少なからずあります。

皇室に対する批判をタブーとすることを、別名『菊タブー』ともいうらしく、
皇室の紋章が菊ということが由来のようです。

一方で、タブーということと同時に、
批判的な意見などに対しては
不敬だ」「不敬罪で逮捕されるぞ」などということも耳にします。

本当に逮捕などあるのでしょうかね。

今、日本における『不敬罪』の位置付けとはというのはどうなっているかご存知でしょうか。

そもそも不敬罪とは、かつての大日本帝国憲法で皇族などに対して名誉や尊厳を傷つけるような行為に対して成立する犯罪として、定められていましたが終戦後の1947年に廃止されました。

したがって、現在の日本においては不敬罪という罪はない。ということになります。

しかし、一般人同様にあまりにひどい言い方やデマを流せば、名誉毀損侮辱罪で訴えられることはあるでしょう。

皇室批判と聞くと、近頃は秋篠宮家に対すること批判が多くメディアでも取り上げられるため、近年出てきた問題のように思えますが、
皇室批判は今に始まったことではありません。

例えば、かつては雅子さまに対しバッシングが多く寄せられ、精神的なことが原因で体調を崩されることもありましたが。
実はその雅子さまへの批判の前には、皇太子妃という同じ立場だった美智子さまに対しても強烈なバッシングが集まっていたのです。
その結果、美智子さまは世間や報道からの批判に耐えられず、ストレスが原因で声が出せなくなってしまう失声症」という状態にまで追い詰められた過去もあります。

執拗な批判にあっていた理由としては、美智子さまは初の一般人からの皇太子妃になられた方でした。
一般人、というだけで家柄や美智子さまに対する人格的な部分(礼儀作法がなっていない等)も攻撃対象になっていたのです。
週刊誌もこぞってことあるごとに批判をしていたようで、こうして振り返ってみてみると、
本質として現代も昔も皇室を取り巻く(批判的な)環境は対して変化がないのでは?という気がしてきますね。

批判対象が移り変わっていくだけで、皇室内のどこかしらには批判はつきまとう形で存在しているということになります。

さらに批判の対象となるのは天皇陛下や皇太子さまなどの皇族の男性側ではなく、
皇太子妃や内親王など、女性側に大きな批判が集まる傾向があると言えるのではないでしょうか。

皇后さまや皇太子妃などの女性は、言うなれば新参者として外部からくるわけですから、立場としては弱いという見方もできます。
いわば弱いものいじめに近い空気も含んでいるのかもしれません。
いつの時代もある『これだから今時の若いものは』という流れと似ているかもしれません・・

かつては美智子さま、雅子さま、現在は秋篠宮家の眞子さまや佳子様にも。

最近ではついには秋篠宮殿下にまで批判が集まっているところを見ると、小室圭問題が皇室批判にも繋がっているとも言えるので、世間から大きい問題として捉えられていることがわかりますね。
>>秋篠宮殿下 病気の噂 うつ病は小室圭の責任で病状悪化か・・・

皇室批判で言えば、悠仁さまの刃物事件の犯人・長谷川薫も犯行動機が『皇室批判』と言っておりました。
>>長谷川薫の国籍と顔画像は?自称がつくのはアノ理由…?【在日】

さらには播磨屋助次郎という人物は、自身の思想を元に、日本の現状は天皇のせいだと主張し、トラックで大々的に皇室を批判している人もいます。
>>播磨屋助次郎とは何者か 経歴wikiや病気や本名右翼説【徳仁天皇守護神】

現代においては、皇室批判はそこまでタブーというレベルではなくなっている気がしますし、
皇室が明らかに間違えた選択(小室圭の留学を手助けしたりなど)をした場合は、
意見を述べていくということはとても需要だとも思います。

スポンサードリンク

タブーや噂の真相まとめてみた【秋篠宮家のお噂・皇太子】

さて、皇室批判以外にも、何かタブーなどの噂はあるのでしょうか
一部でささやかれている皇室や天皇に関するタブーや噂の真相まとめてみました。

・雅子さま「適応障害」ではなく『うつ病』だったのではとされている
・天皇家の血統をさかのぼってみると、百姓出身の豊臣家(秀吉の姉の孫)も入っているらしい
・近親婚が繰り返されきた。

などの噂があり、皇室のタブーとしてもありえそうな情報ですね。

その他には、秋篠宮家に関するお噂や、皇太子さまに関する噂もありますが、これはタブーというよりかは、
噂の要素が強いのかと思います。

秋篠宮家の噂とは>>秋篠宮家のお噂 紀子さま腹違いなど最新情報について

性格が全然違います>>皇太子と秋篠宮の不仲理由!腹違いで似てない噂もまとめ・検証してみた

あくまで噂ですが、雅子さまが適応障害ではなくうつ病というのも、
皇室としては、自分たちのお世継ぎに関する圧力をかけていたことが明るみになったことも考えるとこれ以上触れて欲しくないところではあるのでしょう。
しかしながら、当時の適応障害という診断は誤りではないかとの見方をする声も最近になって出てくるようになったのも事実。

タイムリーな話題として感じられるのは、百姓出身の豊臣家の血が入っているというのもなかなか興味深いですよね。
かなりタブー感を感じる噂なのではないでしょうか。

現在問題となっている女系天皇や女性宮家などの問題に批判的な方たちに対して、
この百姓という身分はいいのですか?なんていうことは口が裂けても言えないですが、この噂はタブーとしてみていいのではないでしょうか。
というのも、豊臣秀吉の姉の日秀尼。その孫である羽柴完子という人物が公家の九条家に嫁ぐことになり、その後の子孫が大正天皇に嫁いで貞明皇后となってるらしいのですが、あれだけ美智子さまなど外部から来た人間や女性天皇、女性宮家を反対しているにも関わらず、歴史を見てみると百姓も入ってきているのでは。という噂。
これをあまり声を大にしていう人は少なそうですが・・・
>>女性天皇歴代は?愛子さま天皇の可能性と問題点を整理

最後の近親婚なんていうのも実際、かつて昔の時代ではよくあることでしたでしょうし、
取り立ててやばそうなことではないのですが、皇室側としては、近親婚というワードは声を大にしたくない部分でしょうし、
特に現代においてはそのワード自体がタブーとされていますしね。

こうしてみてみると噂とタブーの境目みたいなものってなかなか難しいラインがあると感じました。
噂でも触れてはいけなそうなものもあれば、あくまで噂だからと言える情報もある気もしますし。

逆に皇室が噂に対して本気で火消しをすると、さらに怪しく見えてくる。なんてこともありますからね。

まとめ

皇室批判のタブーは現代においては、かつて美智子さまの際にもあった
皇室批判ができるようになったのは、戦後不敬罪という罪はなくなったことも関係している
皇室のタブーや噂をまとめてみた結果、歴史的には事実だったことも多くある

まだまだ実際これ以上にも触れてはいけないタブーはありそうですよね。
しかしタブーであるがゆえに表には出てきていない情報も多くありそうです。
いくら不敬罪がなくなったとは言え、行き過ぎた批判はよろしくないのは皇室であれ一般人であれ変わりはないでしょう。

皇室関連記事はこちら

皇居ドローンの目的や理由はなぜか 皇室批判での犯行計画の可能性が・・・

皇室批判する人の理由はなぜかまとめてみた【秋篠宮家のお噂・小室】

秋篠宮家批判はなぜか 小室圭問題や悠仁さまを育成失敗した噂の真相

徳仁天皇陛下が人格否定のパワハラ過去 怪しいお噂真相解明シリーズ

雅子妃殿下最新情報!激やせ理由の病状悪化や皇室を取り巻く黒い噂

雅子皇后無理な理由はなぜか キャリアウーマンに不向きな皇室事情

これからも色々と注目される記事を書いていきますので、引き続き宜しくお願い致します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください