まつ毛ダニの症状 予防と治療方法やアイボン効果!マツエク注意!

今回は、まつ毛ダニと言う、ダニの正体と、それによって起こる症状治療方法などをご紹介して頂きたいと思います。コンタクトレンズをしている人が、よく使うアイボンの効果や、まつ毛ダニになっていると、マツエクに注意しなければならないのかも、お話しさせて頂きます。

スポンサードリンク

1、まつ毛ダニとは!?症状は?

まつ毛ダニと言われて、

あぁ、知っているよ!

という人は少ないと思います。私も、知りませんでした。どうして、まつ毛にダニが?と思いましたよ。では一体、まつ毛ダニとは何者なのか調べて行きましょう。

 

まつ毛ダニとは、そもそも顔ダニのことです。正確にはニキビダニの一種です。まつ毛ダニの学名は、デモデックス(Demodex)と言います。この、まつ毛ダニは、人の顔の毛穴に棲みついています。

最近は、多くの人の目に存在しているそうです。このダニがいる人の特徴として、皮脂が多く分泌されている人の顔に生息しているようです。

 

まつ毛ダニの大きさは、0.1㎜から0.4㎜くらいの、かなり小さなダニです。人が目で見ても、直接確認できません。そして、怖いことに、まつ毛ダニは感染率がとても高くて、まつ毛の根本や瞼の内側に棲みついてしまいます。

 

なぜ、まつ毛に棲みついてしまうかというと、太い毛は、毛穴も太いこと、クレンジングや洗顔では落としきれない部分でもあることが、まつ毛ダニにとっては、うってつけの棲み家となってしまうからです。

 

実際に、まつ毛ダニにかかってしまった人を対象とした、とある調査の結果、なんと5人に1人がまつ毛ダニに棲みつかれてしまっているのです。怖い話ですね。まつ毛や目に異常を感じたら、直ぐに病院へ行ってくださいね。

 

まつ毛ダニにかかってしまうと、まつ毛が抜けやすくなったり、まつ毛全体のボリュームが減ったりしてしまいます。そもそも気持ち悪いですよね。

 

まつ毛ダニが棲みついていると、眼瞼炎(がんけんえん…瞼に炎症が起きる)になったり目の周りがねばついたり、中には何も感じない人もいるそうです。眼瞼炎になると、目が充血したり、ごろごろしたり、違和感が起きます。

まつ毛の近くにあるマイボーム腺という穴が瞼にはあるのですが、それは、角膜を守る油分を出す穴です。これが、何かの原因で詰まる病気、マイボーム腺機能不全というものがあります。

その、マイボーム腺機能不全にかかってしまうと、まつ毛ダニの棲みつかれる割合が増えてしまうと言います。マイボーム腺機能不全が起きてしまうと、目が油膜で守られないので、涙の蒸発でドライアイになります。ドライアイは辛いですよね。

ほかに、まつ毛ダニの疑い・症状として挙げられるのは、目がかゆい、まつ毛にフケのような白いものがついている、急にまつ毛が抜ける、などがあります。

まつ毛ダニは、まつ毛の毛穴の皮脂をエサとして食べているので、まつ毛が抜けていってしまっているのかもしれません。白いものは、まつ毛ダニの食後のあとのゴミかもしれません。

まつ毛のキワが、かゆいなと思ったら、直ぐに病院へ行って診てもらいましょう。

スポンサードリンク

2、まつ毛ダニの予防・治療方法とは?マツエクの人は注意!アイボン効果あり?

まつ毛ダニの予防と治療方法については、

アイメイクを落とさないで寝ない

まつ毛専用のオイルクレンジングなどで、綿棒を使って、まつ毛の根本まで、きちんとメイク汚れを落とすこと

極力、アイメイクをしない、もしくは控えること

お湯で落ちるコスメを使用すること(アイライナー、アイペンシル)

素顔の時間を長く保つこと(すっぴん万歳)

などが挙げられます。

とにかく、目元をきれいな状態に保っていくことが一番の予防方法ですね。

まつ毛ダニにかかってしまったら、まずは、眼科できちんと診察を受けることです。そのあとは、先ほども言ったように、クレンジングや洗顔で、キッチリとメイクと汚れを落として、目元をきれいに保つことが大切です。

マツエクをしている人は、普通のまつ毛よりも、更に高い確率でまつ毛ダニにかかってしまう可能性があります。まつ毛ダニにとっては、マツエクは絶好の棲み家なのです。なので、マツエクを付けている人は、しっかりとまつ毛を洗浄して、きれいに保つことが大事です。

まつ毛ダニにかかってしまう原因は、アイメイクや分泌されている皮脂がきちんと洗えていないからです。これがエサとなるので、まつ毛ダニがどんどん増えて行きます。あぁ怖い。マツエクを気にして、アイメイクをきちんと落とさないと、あとあと辛い思いをしてしまいます。しっかりと落としていきましょう。

 

アイボンは、まつ毛ダニに効果があるかと言いますと、ハッキリ言っておすすめしません。アイボンのカップを見ても分かるように、目の周りの皮膚までも包み込む容器です。あれで他の雑菌も目の中に入ってしまう可能性が高くなるのです。

 

眼科医も、アイボンの使用は止めています。キッチリ汚れを落とすには、「リッドハイジーン(眼瞼清拭・がんけんせいしき)」を毎日行います。専用のシャンプーで、1日2回、落ち着いたら1日1回と、目元を洗う方法です。

まつ毛ダニは、ちょっとやそっとでは居なくなってくれません。毎日根気強く続けていくことが大切です。眼科できちんと診察と治療を行うのが最良の選択かと思います。


3、まとめ

まつ毛ダニとは!?症状は?

まつ毛ダニとは、ニキビダニの一種です。まつ毛ダニの学名は、デモデックス(Demodex)と言います。この、まつ毛ダニは、人の顔の毛穴に棲みついています。

まつ毛ダニが棲みついていると、眼瞼炎(がんけんえん…瞼に炎症が起きる)になったり目の周りがねばついたり、中には何も感じない人もいるそうです。眼瞼炎になると、目が充血したり、ごろごろしたり、違和感が起きます。

まつ毛の近くにあるマイボーム腺という穴が瞼にはあるのですが、それは、角膜を守る油分を出す穴です。これが、何かの原因で詰まる病気、マイボーム腺機能不全というものがあります。それにかかると、まつ毛ダニになりやすいです。

まつ毛ダニの疑いとして挙げられるのは、目がかゆい、まつ毛にフケのような白いものがついている、急にまつ毛が抜ける、などがあります。

まつ毛ダニの予防・治療方法とは?マツエクの人は注意!アイボン効果あり?

とにかく、目元をきれいな状態に保っていくことが一番の予防方法

「リッドハイジーン(眼瞼清拭・がんけんせいしき)」を毎日行います。専用のシャンプーで、1日2回、落ち着いたら1日1回と、目元を洗う方法です。

マツエクの方は、綿棒を使って、オイルクレンジングをなじませながら、アイメイクをしっかりと落とすと良いでしょう。

アイボンは、おすすめしません。他の雑菌も目の中に入ってしまう可能性が高くなるからです。

以上が、まつ毛ダニの症状 予防と治療方法 アイボン効果を紹介!マツエク注意!のお話しでしたが、世の中いろいろなダニが存在しますね。私自身、ヤケヒョウヒダニのアレルギーを持っているので、他人事ではないなと感じました。

生き物同士、うまく付き合えれば一番良いのですが難しいことですね。皆さんのお役に、少しはたてたでしょうか?最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. モラハラ夫(男)の特徴!親や生い立ち、子育てや金銭感覚は?

  2. ルビーチョコレートの味は?どこで買える?原料が凄い!

  3. 猫インフルエンザは人間にうつる!?症状や治療法・予防策は?

  4. ブルーライトカットメガネの効果をメリットとデメリット比較で検証!

  5. コントレックスの味や効能は?硬度高いと便秘解消も下痢の危険性が!?飲み…

  6. お酢には美肌ダイエット効果有!りんご酢がおすすめ?料理のコツは?

  7. タヒチ旅行の費用や時間はどれくらい?オススメの観光スポットは?

  8. 化合物(シリコーンなど)が含まれている化粧品の意外な効果とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事