ムンジェインは北朝鮮出身で反日?韓国大統領は無能でヤバい!?

親北反日で知られるムンジェイン(文在寅)ですが北朝鮮愛がとまらない無能大統領だとここにきて韓国国民の間で支持率が大暴落しています。ムンジェイン北朝鮮出身という噂は本当?ムンジェインの反日ぶりとは?歴代韓国大統領は無能ヤバい?などについてまとめました。女子アイスホッケー問題もかなり悪質な暴挙だと思います。

スポンサードリンク

ムンジェイン(文在寅)は北朝鮮出身で反日?

ムンジェイン(文在寅)の親北を通り越えて従北ぶりに世間からは北朝鮮出身
という噂が出ていますが、実際のところはムンジェイン(文在寅)両親北朝鮮出身で朝鮮戦争中に韓国に逃れてきたそうです。

ムンジェイン韓国で生まれたのですが両親が北朝鮮から逃れてきたのに親北派というのにはひっかかるところがあります。

本来ならば逃げなければならない朝鮮人をたくさん出してしまった北朝鮮の政治体制に反発するのではないか?

と思うのですが、血は水よりも濃いということなのでしょうか。彼の中に流れる北朝鮮の血がムンジェインを親北派にしているのかもしれません。

韓国大統領選があった時に日本人は親北・反日と言われているムンジェインが選ばれるのを恐れていた人も多いのではないでしょうか?

当選当初は極めて危険な男が選ばれたと言われていたのですが実際政治が始まってみると思っていたよりはすることが小さいなとは思いました。また、ムンジェイン反日精神が強すぎて、慰安婦問題についていつまで言い続けるんだと思います。また、反日の割に金をせびろうとする姿勢も非常に嫌です。

安倍首相の時は料理に反日メニュー、トランプ大統領の時は突然の元慰安婦を呼んでの晩餐会(ムンジェインは反米派としても知られています)

ちょっとなんだかなぁと残念に思ってしまいました。

スポンサードリンク

パククネ(朴槿恵)やムンジェイン(文在寅)など韓国大統領は無能でヤバい!?

パククネ(朴槿恵)を引きずり下ろし大統領の座を奪い取った超有能な人物と言われていたムンジェイン(文在寅)ですがパククネ(朴槿恵)と同じくらいに無能でヤバいんじゃないかと韓国国民の間で支持率が大暴落中です。

北朝鮮を経済支援し中国に媚始めたムンジェイン大統領にトランプもぶちぎれているようです。

韓国国民がムンジェインにぶちぎれているきっかけとなったのが平昌五輪問題です。

ミサイル問題で世界を振り回している北朝鮮の平昌五輪への参加が正式に決まったのですがなんとムンジェインは北朝鮮と、アイスホッケー女子の合同チームを独断で決めてしまったのです。

しかも合同チームを作った理由として

「不人気種目の悲しみを拭う機会になる」

とのコメントを出しさらに国民の怒りを燃え上がらせる結果になってしまいました。

このアイスホッケー問題ですが、元々は韓国のアイスホッケー女子代表が努力して五輪への道を掴んだものです。

なのにその後、北朝鮮からの要請を受けて五輪への参加は北朝鮮と合同で出ると許可を得ずに勝手に決めてしまったのです。しかも北朝鮮からは

「北朝鮮の選手を10-12名は参加させてほしい」

というお願いをされており、その要求を受け入れる方針だそうです。

そんなことをすると、選手たちのモチベーションは絶対に下がりますよね。五輪を決めたチームから北朝鮮枠の為に10-12人の韓国選手を外さなければいけないのですから。とんでもない暴挙だと思います。

このムンジェイン大統領ですがパククネ政権を無能であると酷評し独善だ!とか国民の意見を聞いていない!など散々叩いていました。

そんなムンジェインに今多くの韓国国民が同じことやってるお前がそんなこと言うな!この無能大統領がぁー!となっているようです。

まとめ

ムンジェイン(文在寅)は韓国出身で両親が北朝鮮出身。

ムンジェインは反日、反米で北朝鮮にどっぷり。

韓国国民は無能ムンジェインの独断によるアイスホッケー女子合同チームに激おこプンプン

いかがでしたか?韓国大統領は歴代不運な運命をたどるという不吉な言い伝えがあります。ムンジェイン(文在寅)大統領はこれからどのような運命をたどることになるのでしょうか?別に韓国派閥でもなんでもないですが、純粋にアイスホッケーの選手は本当にかわいそうだと思います。さいごまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. ウーマン村本大輔が嫌い!沖縄は元中国領土というガセネタで消えた?

  2. 金与正(キムヨジュン)が美人と話題も横田めぐみの妹というデマが拡散

  3. モルゲッソヨおじさん(銃弾マン)の意味と使い方 どこで見れる?アレにし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事