安倍昭恵夫人がバカ嫁過ぎると話題に 証人喚問必要も拒否はなぜ?

森友学園問題のもう1人のキーマンであるのが籠池夫妻と親交を勝手に深めていた安倍昭恵夫人です。度重なる野党からの証人喚問出廷を拒否し続ける理由とは?当ブログで好評だった安倍昭恵夫人バカ嫁伝説続編もお届けします。

スポンサードリンク

安倍昭恵夫人がバカ嫁過ぎると話題に

森永製菓のマスコットエンゼルに激似と当サイトで紹介させて頂いた安倍昭恵夫人。

関連記事:安倍昭恵(森永製菓社長令嬢)の家系図や韓国との繋がりがヤバすぎる!

家庭内野党の旗を振りかざしエンゼルのごとく軽やかに飛び回っては安倍晋三首相の首を絞めるようなことばかりしてます。

今まで散々尻拭いしてきた安倍晋三首相ですが、安倍昭恵夫人との離婚も考えているとの情報もあり穏やかではありません。

当ブログでも数回に渡り安倍昭恵夫人のおバカなバカ嫁速報を伝えてきました。

関連記事:安倍昭恵のバカすぎるさげまんまとめ!安倍晋三の衆議院解散はなぜ?

関連記事:安倍昭恵がバカすぎる!居酒屋uzuとは?【まとめ2】

今回は森友学園問題後すっかり姿を潜めてしまった安倍昭恵夫人のバカ嫁言動についてまとめました。

森友学園の決裁文書改ざんを財務省が認める前日に安倍昭恵夫人がフェイスブックのある投稿に対しいいね!を押す。

「野党のバカげた質問ばかりで旦那さんは毎日大変ですね。」

↑安倍昭恵夫人 いいね!

 

NHK ぶっ壊す発言の区議である立花孝志氏にフェイスブックで友達申請。フェイスブック内のメールで長々と身の上相談をする。すぐさま区議に友達申請やメールしたことを世間にばらされる。

安倍昭恵夫人は立花氏に「年中泣いています」と送信。(そもそも送信したこと自体、バレていることがイケてないですけどね・・・・)

ファーストレディーの立場を忘れSNSを使いまくる安倍昭恵夫人がバカ嫁過ぎると批判が殺到しています。ツイッターで呟きまくっていたトランプ大統領を思い出させますね。

 

ところで気になったのが立花氏のこんな発言です。

「安倍昭恵夫人本人は証人喚問に出たがっているようだ」

スポンサードリンク

安倍昭恵夫人 証人喚問必要も拒否はなぜ?

これが本当ならばなぜ安倍昭恵夫人はあれだけ野党が証人喚問を求めているのに出廷に出てこないのでしょうか?

理由は明白です。

安倍昭恵夫人が何を言い出すか分からないからです。

森友学園問題については関係していた政治家や財務省がおそらく巧妙に口裏を合わせているのだと思います。

しかし安倍昭恵夫人は予測が全くつきません。安倍内閣にとって安倍昭恵夫人は野党を遥かに越える最大の脅威だと言えます。

関連記事:森友学園と安倍昭恵の関係とは?寄付金や右翼などのキーワードが・・・

今まで証人喚問に出廷した籠池理事はまるで籠池劇場を見ているかのような見事なパフォーマンス。

佐川氏は違うと拒否だけで何も明らかにせず野党を苛立たせて証人喚問を突破しました。

安倍昭恵夫人か証人喚問に出廷するとなると恐らくはじめは情に訴える形だと思います。

でも次第に天然ぶりを遺憾なく発揮し安倍晋三首相を窮地に追い込むことになるでしょう。

関連記事:内閣総辞職とはその後どうなる?解散との違いは?過去の例がヤバすぎる

そのため森友学園問題に関わっているであろう政治家や官僚達は大慌てして安倍昭恵夫人の証人喚問を全力で阻止しているという構図になります。

安倍昭恵夫人まとめ

野党を批判する書き込みに安倍昭恵がいいね!

NHK ぶっ壊す区議の立花孝志氏にフェイスブックで友達申請身の上相談が全国民にさらされる。

安倍昭恵が証人喚問に出廷しないのは何を言い出すか分からないため安倍内閣が全力で阻止か?

いかがでしたか?立花氏の話によると安倍昭恵夫人は証人喚問に出る気があるようです。もしも出廷すれば安倍晋三首相は内閣を辞めることになりそうです。

森友問題・安倍昭恵夫人関連記事

安倍昭恵氏や森友問題に関する記事です!合わせてどうぞ!

近畿財務局 赤木俊夫の経歴は?池田統括管理官が遺書に口止め汚職か

安倍昭恵 逮捕はいつ?森友学園問題で逮捕が秒読みになり話題に

麻生太郎辞任はいつ?森友問題 世論や署名で辞職の声高まる

大阪航空局の値引きは局長(干山善幸)へ圧力か?森友学園問題で更なる波紋広がる

スポンサードリンク





関連記事

  1. 迫田英典元理財局長は森友学園問題で消されるか 国税庁長官の経歴も逮捕?…

  2. 安倍総理 嘘つきで辞任はいつ?加計学園の獣医学部開設で虚偽報告か

  3. 安倍昭恵のバカすぎるさげまんまとめ!安倍晋三の衆議院解散はなぜ?

  4. 家計学園問題とはなにか簡単にわかりやすく説明 安倍昭恵の証人喚問はいつ…

  5. 安倍昭恵 逮捕はいつ?森友学園問題で逮捕が秒読みになり話題に

  6. 麻生太郎辞任はいつ?森友問題 世論や署名で辞職の声高まる

  7. 安倍昭恵 養子や子供いない原因や理由はなぜ?プレッシャーが大きい家柄

  8. 近畿財務局 赤木俊夫の経歴は?池田統括管理官が遺書に口止め汚職か

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • 自民党後援部隊
    • 2018年 9月 05日

    安部総理夫人の「昭恵夫人24時間監視体制」は当たり前のことで対応が遅すぎます。総理が「昭恵!お願いだからこれ以上、余計な事はしないでくれ」と嘆いていている場合ではない。このまま昭恵夫人を放置しやりたい放題させると政権与党の危機であり、仮に安部さんが次期総裁選に勝利をしても、その新政権は短命になると思われる。理由は昭恵夫人のこれまでの危険な言動や品格を疑う海外での行動である。最近はスピリチュアルに凝っていて、何も気にしないで大丈夫と悟られ、もうこのモンスターを誰も止められない。

    • 匿名
    • 2018年 9月 05日

    安部昭恵とはどういう人間なんだろう。夫である安部総理大臣を支える重鎮や公明党山口党首から自粛、謹慎の要請を受けても聞く耳持たずである。全く反省をするどころか最近は更にエンジンが掛り、政権与党を脅かす事態となっている。迷惑だけでなく疑惑関係の記事も多発している。普通のまともな人間であれば、反省を行い直ぐに悔い改めます。100歩譲って、仮に自分の言動が間違っていない或いは別の考え方があると確信したとしても、総理大臣の妻であり夫が大切にしている政権与党から留意されたしと言われれば、足し算引き算をして行動を控えるはずである。恐らく我儘で頑固な性格なのだろうが、頭がスマートであれば出来ることが残念ながら頭がお花畑なので、そういう立ち回りが出来ないのだろう。いずれにせよ、安部総理は身内中の身内に爆弾を抱えている事になる。

    • 匿名
    • 2018年 10月 24日

    歴代の内閣総理大臣夫人でこのような批判が集中したことは無い。時々各国からの王室、大統領夫人が来訪された際に時の道理大臣の傍で総理を陰で助ける役目を果たしたり先方の夫人を日本の伝統文化に触れられる場所にご案内をしたり内助の功を果たしてきた。外遊先でも時の総理大臣を支え総理より目立つことは控え慎ましく振舞てきた。ダイアナ妃など本当に地雷除去活動に身をていし活動したり貧民地域への援助をされた方々とは全く異なり、昭恵夫人が海外で不始末を行っている最中に被災地に訪れたのは陛下皇后様など皇室の方々で酒を飲んだり、公式行事でスマホの自撮り、国内では森友問題で自殺者が出た最中に芸能人のパーティーで酒を飲んではしゃいだり全く総理大臣夫人としての自覚が無い。大麻推進、原発再稼働反対、怪しい助成金団体との交際など軽率な言動が目立ち、安部総理、政権与党も頭を痛めている。もういい加減に謹慎してほしい。もしかしてアルコール中毒?

    • 匿名
    • 2018年 11月 21日

    安部総理が毎日つぶやいている言葉は「昭恵!もう私や自民公明党に迷惑をかける事はしないでくれ!」
    昭恵夫人がつぶやいている言葉は「あと3年は優雅に海外旅行も行けるし、今はインスタ禁止だけど、解禁の時に使えるインスタ映えする画像を沢山撮れるし、高級ホテルに高給料理にワインが飲み放題。SPや秘書的な役割を果たすお付きもいるので極楽、極楽}

    • 匿名
    • 2018年 12月 20日

    安部総理大臣は可哀そうだなぁ~。昭恵夫人が家庭料理を作らないので母親の洋子夫人が総理に作っている模様。昭恵は酒を飲むので、総理より帰宅時間が遅く料理も掃除もしない事で有名。こんなに大変な内外の仕事をやっているのに家庭が無いのと同然。体を壊さないかが心配である。これが世に言う「悪妻」ということか。残念!

    • 匿名
    • 2018年 12月 20日

    ①頭がお花畑。品が無い。②何も考えないで言動する軽率人種。③総理大臣夫人は皇室級の扱いを受けられる大勘違い。④私人であるにも関わらず、政治の話に首を突っ込み政権に迷惑をかけ、私人であるにも拘わらず、国民の税金で支出しているSPやお付き役人を5~6名も付けて本当に税金の無駄遣い 。⑤大麻、電発、沖縄問題、助成金など森友問題以外にも疑惑活動が絶えない。⑥人様のいう事を聞かない。反省しない。⑦無類の酒好きで周りから白い目で。⑧ハリウッドスターもしない1日何着も着替える品の無いファッションショー。⑨天然では済まされない奇行。⑩これ以上、書ききれない奇人変人。結論は何もしないでほしいの一言だけ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事