虹色侍とは?ずまが目玉売った?即興作曲が凄いと話題に!【動画あり】

お題があれば5秒で即興作曲が出来てしまう虹色侍(ずまとロット)が凄い!と話題になっています。お笑い芸人枠扱いですがその才能は超実力派。後ほど紹介する筆者おすすめの動画では「TRAIN TRAIN」も即興しています。ずま3万円で目玉売ったとの衝撃的な暴露もありです。即興作曲が凄い!と話題になっている虹色侍とは?気になるあなたのために詳しくまとめました。

スポンサードリンク

虹色侍とは?ずまが目玉売った?

即興作曲のできる虹色侍とは?と超気になっている人のために虹色侍について解説します!

虹色侍とは京都発のPOP ROCKバンドです。

メンバーは男性2人でギターと歌も歌えるロットと現在、目玉を売った?と話題になっている歌詞担当のずまです。

虹色侍は歌芸人枠の扱いを受けていますが超実力派です。動画を見ると納得します。

ずまは絶対音感の持ち主です。

絶対音感とは他の音と比べることなくその音が何なのか分かる能力です。

神から授けられた能力という呼ばれかたもします。

虹色侍の最大の売りは

「お題があれば5秒で即興作曲が出来ること」

です。

かなり異色のロックバンドです。

この売りを武器に虹色侍はSNSを最大限に活用しガンガン自分達を売り込んでいます。SNSで自分から売り込むはスタイルはまさに今時ですよね~

ニコニコ生放送やツイッターが虹色侍の主戦場です。

ニコ生ではお題を募集し即興作曲しています。その技術やセンスが凄い!と一気に人気に火がつきました。

ずま君が目玉売った?

と話題になっている原因は虹色侍の動画にあります。

歌のタイトルは

「三万円で目玉を売った歌」

です。笑

虹色侍の動画を見ても分かるようにずまはもしかしたら本当に目玉がないのでは!?

と思える瞬間があります。

でもよ~く見ると目玉があります。

そうです、「三万円で目玉を売った歌」はずまの目があまりに細いためそこから生まれた歌なんです。

スポンサードリンク

虹色侍の即興作曲が凄いと話題に!【動画】

虹色侍とは?についてお分かりいただけたでしょうか?ずまが目玉売った?

疑惑はガセであることが分かりました。笑

さて、虹色侍のもうひとつの主戦場であるツイッターでも虹色侍のある企画が凄い!

と話題になっています。

芸能人をお題にし即興作曲を作りツイッターに動画を投稿し芸能人からリツイートをもらえるか?という企画です。

なんとユーミンこと松任谷由実やピコ太郎、オリラジ藤森慎吾などの有名芸能人からリツイートをゲットしちゃってます。

ユーミンがある日こんなことをツイッターでつぶやいていました。

「シルエット的にイカ足で男のふりをするようにしている」

巨大イカががに股で自転車をこぐイメージでしょうか?

分かるような分からないような、でもとても面白いつぶやきです。

このツイートに対して虹色侍が「イカ足でチャリこぐ」というタイトルの歌を即興作曲して動画を投稿したのです。

そして筆者個人的に驚いたのがオードリーの番組のこのシーンです。

本当にすぐ音楽を作成して、しかもかなり良い曲に仕上がってます。

大物芸能人らをどんどん味方につけて虹色侍の今後の活躍から目が離せません。

まとめ

虹色侍とはロットとずまの2人組みのロックバンド。

虹色侍は即興作曲を武器にニコニコ生放送やツイッターを主戦場として活躍。

これまでに虹色侍はユーミンやピコ太郎らからリツイートをゲットしている。

いかがでしたか?虹色侍公式サイトによるとプロのミュージシャンになるために常にお仕事の依頼を渇望している。とあります。

現在はニコニコ生放送やツイッターで即興作曲を武器に活動していますが、テレビを主戦場とするならば今までにないミュージシャンの登場になりますね。お笑い芸人枠ではなくミュージシャンとして活躍してほしいなと感じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 寿るいとは?フライデーで才賀紀左衛門の不倫相手として報道される!

  2. ラブリとは誰でどんな人?彼氏や結婚は?弟がスキャンダラー!?

  3. 久川綾(ブルマ声優)は性格悪い?結婚相手・旦那は?関西弁が超気になる

  4. 菊池梨沙 城島茂と売名結婚か?あざとい性格で破局の可能性も城島がゾッコ…

  5. 志葉玲とは誰?帝京大学出身で本名や国籍は?嫁は増山麗奈!動画あり

  6. ダレノガレ明美のCAROとは何をしている会社?ブランドCAROMEとは…

  7. 安室奈美恵の引退原因は!?復帰はいつするのか?【新たな挑戦】

  8. 豊原功補が小泉今日子と結婚か!?元嫁と離婚で熱愛フライデー!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事