おばさん・ウーマンレンタルとはなに?感想や使い方や料金を紹介!

最近、ネットを通じて個人からサービスを受ける人たちのリアルな気持ちを追ったドキュメンタリー番組をよく目にするようになりました。おっさんレンタルDMMおかんって言葉聞いたことがありませんか?今話題になっているのがおばさん・ウーマンレンタルです。おばさん・ウーマンレンタルとは?感想使い方料金は?謎に迫っていきます。

スポンサードリンク

1、おばさん・ウーマンレンタルとはなに?

スマホが広く普及したあたりから、一昔前なら考えられないような個人によるサービスをネット上で買う行為がけっこう当たり前にされているようなんです。

保守的な人ならかなり怪しんでしまうかと思います。おばさん・ウーマンレンタルもネット上でおばさんや女性を選びサービスを買うものです。

ちょっと前におっさんレンタルでめちゃ稼いでいるおっさんがテレビ出演していました。

このおっさんはただ会って話をしたりご飯を食べたりするだけなのに指名率が高くけっこう稼いでいるようでした。

このおっさんを指名した人の中には若い男性もたくさんいて一体どういうことだろうかと頭をひねったものです。

今回話題になっているおばさん・ウーマンレンタルはおっさんレンタルの女性版であるといってOKです。

気に入った女性を時間でレンタルして時間をつくってもらい話し相手になってしまったり、一緒に出かけてもらったりするそうです。

スポンサードリンク

2、感想や使い方や料金を紹介!

実際に町の皆さんは次のような感想をお持ちのようです。

●●なサービスは禁止事項になっているが●●交際の温床になる危険性がある。

おばさんをどうするかは買い手によって決まる。事前カード払いをすれば誰でも利用可能なので危険な人もいる可能性が高い。

簡単にお小遣い稼ぎができるならやってみたい。

登録者を見ていると全然おばさんじゃない人が多い。

感想を見ている限りではちょっと危険な香りがぷんぷんしちゃってます。

どこまで運営側が危険行為に対応してくれるかも気になるところですね。簡単にお小遣い稼ぎができるからとの理由でどんどん登録者の数が増えそうな感じではありますが。

 

登録する資格としては日本の銀行に口座を持つ高校生をのぞく18歳以上とあります。
(あれっ?おばさんではない。笑)

おばさん・ウーマンレンタルにかかるお金としては「レンタル料(1~5時間)+交通費+飲食代+その他デート費」となっています。

レンタル料は登録者が自由に決めているそうなので、一概には言えないようです。人気がどんどん高くなればかなり高く設定も可能みたいです。

利用者は事前カード払いでOK。追加する時は直接登録者にお金を払うそうです。この追加支払ってのは怪しいですね。

1回目に会った時に2回目からは直接交渉したいなんて言い出す人も多いのではないでしょうか?ちょっと心配です。

3、まとめ

おっさんレンタルの女性版おばさん・ウーマンレンタルが話題

おばさん・ウーマンレンタル料は1時間単位で発生。1時間1~5千円くらい。登録者が自由に決めている。

おばさん・ウーマンレンタル登録者は18歳以上の女性

いかがでしたか?

おばさん・ウーマンレンタルといっても登録している女性たちは20~50歳くらいが多いそうです。恋人のふりもしてもらえるそうなんで、お客さんが本気にならないか心配です。でも一体何のために恋人のふりをしてもらうのでしょうか。汗 ストーカーにあったりしないように管理が行き届いているかも気になるところですね。

スポンサードリンク





関連記事

  1. イヴァンカ基金とはなに?安倍総理が寄付する理由はなぜ?【画像有】

  2. 袴田吉彦の離婚理由は!?河中あいとの子供(娘)はどうなるのか?

  3. 内閣総辞職とはその後どうなる?解散との違いは?過去の例がヤバすぎる

  4. 小林よしのりとは不倫した山尾志桜里を総理にする会の代表である!

  5. いしだ壱成の逮捕歴とは?元嫁えみ(三宅恵美)の男遊びや現在は?

  6. 近畿財務局 赤木俊夫の経歴は?池田統括管理官が遺書に口止め汚職か

  7. 山口達也 相手は赤沼葵­(JK16歳)と話題もなぜやったのか SNS更…

  8. ブラック校則とはなに?ルールで髪型や服装が厳しいだけ?事例を紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事