録音小僧とは誰?レスリング伊調馨パワハラ告発問題で奇行が話題沸騰

レスリング伊調馨の栄和人監督パワハラ告発問題は不自然な点も多いため黒幕がいると当初から噂されていました。その黒幕として急浮上したのが、伊調馨の従兄弟を名乗る録音小僧です。録音小僧は以前から奇行を繰り返し文春からもマークされていました。ヤバすぎる録音小僧について調査します!

スポンサードリンク

録音小僧がレスリング伊調馨パワハラ告発問題を炎上させた?

パワハラ告発を受け栄和人は「事を大きくしたい誰かがいる」と黒幕の存在をほのめかしていましたね。

黒幕というのはレスリング伊調馨パワハラ告発問題を炎上させた人物です。

関連:伊調馨のパワハラ告白者は誰?なぜ今このタイミングで告発したのか?

この黒幕の正体が明らかになったのですがなんとも怪しい人物なんですよね。

伊調馨の従兄弟を名乗る録音小僧と呼ばれる男です。

(画像は筆者のイメージ)

芸能プロに後ろ楯があることを公言し業界人を脅してきたとする超問題人物です。

パワハラ告発文を報じた文春もこの人物が関わっていると知って大慌てしたとの情報をつかみました。伊調馨パワハラ告発の真の目的として

伊調馨を東京五輪に出すため

レスリング協会内の権力争い

が考えられてきました。

しかし録音小僧出現によりパワハラ告発の真の目的は録音小僧の栄和人に対する個人的な逆恨みではないかとの見方が強くなってきました。

栄和人は録音小僧が関わるファッションショー出演を巡ってトラブルになっていたようです。

録音小僧は告発者のひとりである安達巧との接点があることも分かっています。

録音小僧が安達巧を焚き付けて告発文を提出させたのではないかと噂されています。

スポンサードリンク

録音小僧とは誰?奇行が話題沸騰に

レスリング伊調馨パワハラ告発問題。

録音小僧に続きパンチのある至学館の女学長も登場しどんどん訳が分からない状態になってしまいましたね。(^-^;

実際どこまで録音小僧がパワハラ告発問題に関わっているのかはまだ見えてこないのですが、録音小僧の過去の奇行に注目が集まり話題沸騰しています。

まず録音小僧と呼ばれる理由は、録音機を常に携帯し相手の失言を確実に拾うからとのことです。

関連:伊調馨のパワハラ内容とは?栄和人や吉田沙保里の問題が世間へ明るみに

文春だけでなくマスコミが録音小僧を煙たがるのは過去に芸能関係者の恐喝事件や現役アイドルによる美人局事件に関わっていたためです。

録音小僧はマスコミ関係者?と思えるのですが一体何なのかよく分からないんですよね。伊調馨の従兄弟を名乗っていますがこれまでにもハッタリをかましまくっているため真実であるかは分かりません。

録音小僧の経歴が実に奇妙なんです。

昔高田延彦のプロレス団体にプロレスラーとして所属していました。(安達巧とはこの頃に知り合っています。)この時の奇行も実にヤバいです。

有名なキックボクサーであると嘘をつき有名選手と試合を組ませ、前日に逃亡

恋人が見に来てるから負けてくれと頼み、相手が怒ったら逃亡

キックボクサーの件に関しては全く意味が分かりません。なぜ試合を組ませ前日に逃亡するのでしょうか?まぁ、意味が分からないから奇行と呼ばれるわけですが。

しかし伊調馨のパワハラ告発問題、こじれてしまいましたね・・・。伊調馨は今どんな気持ちで過ごしているのでしょうか?

録音小僧まとめ

レスリング伊調馨パワハラ告発問題を炎上させた黒幕は録音小僧

録音小僧は伊調馨の従兄弟と言ってるが過去の言動を見るかぎりでは嘘っぽい

録音小僧は昔高田延彦のプロレス団体に所属するプロレスラーだった。

いかがでしたか?次から次へと登場人物が増える分、ますます真相がつかみにくくなっているレスリング伊調馨パワハラ告発問題。色んな人の思惑が秘められているのは確かです。

伊調馨は東京オリンピックに出場できるのでしょうか?心配ですね。さいごまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 斉藤由貴のパンテイー被り流出画像!横浜みなとクリニックが閉鎖か?

  2. 石原真理子さんが万引き容疑で任意捜査!ついに私生活もプッツンか?

  3. アンダーアーマー製ランニングシューズの特徴!【2017年夏におすすめ】…

  4. 成田凌の謝罪経緯は?戸田恵梨香との熱愛デートで事故!

  5. 倉持麟太郎は結婚済・妻子有で週刊文春の不倫スキャンダル砲が直撃!

  6. 中村通プロゴルファーがひき逃げ容疑で逮捕!相手の怪我は?

  7. 張本勲氏、ラケットを叩きつけた錦織選手へ喝と謎のコメント

  8. 山本裕典の契約解除理由はなぜ?副業や薬?解雇理由の原因や真相は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事