ルビーチョコレートの味は?どこで買える?原料が凄い!

今、話題沸騰のルビーチョコレートはどうなのか、そもそもルビーチョコレートとはどこで買えるのか?ルビーと言う宝石になぞらえたものなのか?原料が凄いのは何を使っているからなの!?まさかルビー何てことはないですが、話題のルビーチョコレートについて、お話しさせて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

1、ルビーチョコレートの味は?原料が凄い!

テレビでも話題沸騰中のルビーチョコレートですが、そもそもルビーチョコレートって何?と問われますと、チョコレートの歴史で言うところの、第4のチョコレートのことを言います。

元々の3つは、

〇ダークチョコレート

〇ミルクチョコレート

〇ホワイトチョコレート

これら3つのチョコレートたちは、数ある多くの種類のチョコレートの中から、正式に認められている、由緒正しいチョコレートたちなのです。

 

そこで、今回のルビーチョコレートが、その由緒正しい正式認定を頂いた、第4のチョコレートと言うわけです。

ホワイトチョコレートが正式認定を受けられたのが80年前、1937年頃なので、テレビのニュースでもピックアップされるのもうなずけますね。

チョコレートに正式認定があったこと、その認定がとんでもなく難しいことが分かり、普段何気なく見聞きしているチョコレートたちも、以前と違う感覚で見てしまいますね。

 

まぁ、私が買うのはルビーチョコレートみたいな高級品ではないのですけどね・・・
疲れたときやストレスが溜まってイライラしている時に、ちょっと一口サクッと食べられるチョコレートはとても重宝しますよね。ちょっとした贈り物にも便利ですしね。

 

さて、第4のチョコレートと言われるルビーチョコレートは、どんな味がするのかの前に、まずルビーチョコレートは独自の技術で生産されています

新作のフレーバーであるルビーチョコレートは、南米エクアドルやブラジル、コートジボワールなどで栽培されたルビーカカオと呼ばれている豆から作られており、バリーカレボーが生み出した独自の新技術を使って生産されています。

ルビーチョコレートを生み出したバリーカレボーと言うのは、チョコレート製品を扱う多国籍企業の会社で、スイスのチューリッヒに本社がある、高品質カカオとハイレベルなチョコレートのメーカーです。

 

日本ではあまり見聞きしない会社名ですが、森永製菓をはじめ、製菓会社やメーカーにチョコレートの原料を供給している会社なのです。世界中のチョコレートの25パーセントが、バリーカレボーを使用していると言われているから驚きです。そのバリーカレボー社が、13年の年月をかけて、ルビーカカオ豆からルビーチョコレートの自然な色を作り上げました。

 

今回13年もの年月をかけて、ルビーカカオの赤っぽさの能力を最大限に引き出したバリーカレボー社の技術と能力に感嘆します。この製造方法が認められて、80年ぶりに第4のチョコレートのルビーチョコレートの誕生と相成りました。

 

ルビーカカオは、可愛らしい、ピンク色をしているのです!豆から自然にピンク色が出るなんて凄いですよね。南米は、植物も魚介もカラフルなので、このルビーチョコレートの素敵なピンク色が出来上がったのでしょうね。女子にはこの上ない喜びですね。あ、今は男女問わずピンク色も人気ですかね。

 

そして、ルビーチョコレートの肝心のお味ですが、甘くて、そして、微かに酸味があるようです。その自然から出来たピンク色にちょうどいいベリー風味があるそうです。あぁ、私も食べてみたい!着色料を使わずにピンク色になる奇跡に驚愕です。

 

Twitterの声でも

「第4のチョコレートのカテゴリールビーチョコレートが80年ぶりに正式に認められる!」

「第4のチョコレート!?ルビーチョコレート食べてみたい♪」

「ルビーチョコレート…気になる…食べたい…」

「ルビーチョコレートめっちゃ気になるーー!!来年のサロンデュショコラで日本でも発売されるかな???戦争になりそうだな」

「約80年前に発明されたホワイトチョコレート以来の新種、ルビーチョコレート。ベリーや着色料を使わずにこのピンク色を出しているそうだけど、どうなってるんだろう?食べてみたいな。」

「ダーク、ミルク、ホワイトに続くチョコレートの新しい基本カテゴリー、ルビーチョコレート誕生。見た通りベリーっぽい味そうだけど、いっさいベリーは加えてない。」

と、皆さんのほうがお詳しいくらいルビーチョコレートの話題で持ちきりです。自然なピンク色と言うところに期待を集めているのもわかりますね。

2、どこで買える?

ルビーチョコレートの発売は、先日新作発表されたばかりですので、バリーカレボー社では、お先に中国で試験的に販売をするのではないかとみられます。ですが、販売価格も販売開始予定もまだ発表されておらず、後日、発表予定と言うだけで、確定はしておりません。

しかし、このルビーチョコレートの販売が中国で始まれば、ルビーチョコレートを手に入れるために中国まで行かれる方もいるかもしれませんね。中国での販売が見通せれば、近いうちに日本での販売も期待できるはずです。

その際は是非、ルビーチョコレートをたっぷりご堪能下さい。行列や売り切れ必須なのでお気お付けくださいませ。場合によっては逆輸入も可能になるかもしれませんね。
(2017年9月5日に上海でルビーチョコレートのお披露目がありましたね)

スポンサードリンク

3、さいごに

第4のチョコレートと言われるルビーチョコレートのお話でしたが、中国では赤色が幸運の色と呼ばれているそうです。

日本では還暦(60年生きて干支が生まれた年に戻る。数え年61年のこと。ほんがえり、とも言う。)に赤いちゃんちゃんこを着る習慣がありますが、これからは赤色は温暖色、興奮色のイメージ効果ですし、赤は活発、やる気と言ったアクティブな色ですよね。ルビーチョコレートを食べて、プレゼントして、お互いハッピーになれたら良いですね。

日本上陸までもうしばらくお時間がかかってしまいますが、自然から得られるパワーを期待して待ちましょう。チョコレートはカカオ・ポリフェノールの動脈硬化を防ぐ力があったり、血管を広げる効能もあるので高血圧や冷え性などにも良いですし、ワクワク胸を弾ませながら待ちましょう!

スポンサードリンク





関連記事

  1. ビワの種の毒性(シアン)や効果効能は?杏仁豆腐のは食べるとNG!?

  2. マック(マクド)カフェラテ!カロリーや値段、味や井崎英典とは!

  3. 松居一代、芸能界引退発言も、ブログ閉鎖は阻止!

  4. 24時間テレビのマラソンはやらせ?過去には放送事故が発生!?

  5. インスタバエが嫌い?スイーツ等へたかるハエ図鑑【フードポルノ】

  6. 静岡県の海でサメが出る場所はどこ?地図で紹介!【海水浴注意】

  7. 成田空港到着時免税店の場所や商品を紹介!営業時間や免税範囲は?

  8. 眞子様と小室圭の結婚延期はなぜ?理由と原因がヤバすぎて結婚解消か

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事