セーフガードで牛肉の価格はどれくらい変わる?実は影響が小さい!?

ニュースで話題のセーフガードだが、これにより牛肉の価格が大きく上がり、我々の食卓を脅かす勢いでメディアに取り上げられている。しかし、実は影響が小さいのではないかと筆者は考えている。

スポンサードリンク

1、セーフガードで牛肉の価格はどれくらい変わる?

(1)セーフガードとは?

セーフガードを簡単に表現すると、
ある特定の商品を輸入する際に、
輸入のし過ぎでその商品を作っている日本企業の商品が売れず、
大きな影響を与えることを避けるため、
緊急の対応策として輸入関税(他の国から輸入する際に取り決められている税金)を大きく上げて価格を上げ、
輸入の量を減らすことで、
日本企業への影響を出来るだけ小さくするというものである。

今回メディアに取り上げられている輸入牛肉のセーフガード発動は、

来月2017年8月1日から開始されるという。

 

一般的な概要は下記に引用させていただく。

 

(1)措置内容等

①措置内容: 輸入国管理(関税の賦課又は数量制限)

②措置水準: 重大な損害を防止又は救済し調整を容易にするために必要な限度

(数量制限の場合は最近3年間の平均を下回らない水準)

③措置期間: 最長で4年以内、延長した場合は合計で8年まで

④対象国: 全世界に対して無差別に適用

⑤対抗措置(関税譲許の停止):

原則発動後3年が経過した後に、実質的に等価値の関税譲許の停止が可能。

但し、輸入の絶対的増加が認められない場合には、3年以内でも譲許の停止を行うことが可能。

⑥発動要件:

1) 輸入の増加

2) 国内産業に対する重大な損害又はそのおそれ

3) 両者の因果関係

4) 国民経済上緊急の必要性

 

経済産業省HPより

 

(2)セーフガードで牛肉の価格はどれくらい変わる?

気になる牛肉価格であるが、牛肉の国内流通量から上昇価格を整理したいと思う。

また、今回は分かりやすくアメリカからの輸入牛肉を例に、計算を行う。

牛肉の2016年度は、

国産牛肉生産量 :324,000トン
国産牛肉の輸出量:1,909トン
輸入牛肉量   :526,000トン
輸入牛肉量のうち、アメリカ産の牛肉:39%(=205,140トン
526,000トン×39%=205,140トン

である。

すると、国内の牛肉流通量は以下の計算で求めることができる

国産牛肉生産量324,000トン+輸入牛肉量526,000トン−国産牛肉の輸出量1,909トン
848,091トン

この848,091トンが、純粋に日本国内で流通・消費している牛肉量である。

そしてアメリカ産の牛肉量は上記で205,140トンと計算された。

すなわち、今、

日本で流通している牛肉量の計算式は

205,140トン÷848,091トン

約24%

である。

一見すると身近にある牛肉はアメリカ産ばかりだと思っていたが、

実は日本全体の中でだいたい1/4しかないのである。

スポンサードリンク

2、実は影響が小さい?

実は、アメリカ産の牛肉は日本全体の中でだいたい1/4しかないということがわかったところで、
実際にどれくらい価格へ影響するかが問題である。

今回、アメリカ産の牛肉の関税は38.5%から50%に引き上げられるとの発表があった。

そうすると、計算例としてアメリカ産牛肉の価格を「1,000」としよう。
(100としても結果は変わらない)
普段であればこの価格1,000の牛肉を仕入れる際に関税で1,385になる。

これが今回のセーフガードにより1,500となるのだ。

上昇率だと実は約8.3%となる
(1,500÷1,350=108.3%)

したがって、日本で1/4の量を占める牛肉の価格が8.3%上昇するとすると計算は至ってシンプルであり、

 

8.3%×1/4

=約2.1%

この2.1%が、今回騒がれているセーフガードにより、日本国内における牛肉全体の価格上昇

である。

 

実は思ったより小さくはないだろうか?

メディアでは、

アメリカ産牛肉の関税が38.5%から50%に引き上げられる!

と、大々的に報道しているため、
てっきり今のうちに牛肉を買いだめしなければまずいと思うかもしれないが、

実はそうではないのだ。

 

 

今回の計算にあたっては出典は農林水産省の出している

農林水産別 品目別参考資料

を参考とさせていただいた。

出典先にはこのようなデータは無いが、
ロジックさえ整理するとこのようなデータを算出することが可能となることは覚えておいて損はない。

3、さいごに

いかがだっただろうか?

もちろん、今回のセーフガードによる牛肉の価格上昇が高いと感じる人もいるかもしれないが、
メディアで騒がれているほどの影響がないということも事実である。

セーフガードが発動するのは8月1日とのことなので、引き続き注目していきたい。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 仙台育英渡部夏史の蹴りで大阪桐蔭と日本文理涙を飲む【問題場面有】

  2. 小野寺五典氏に2度目の防衛大臣は務まるのか?過去の噂とは?

  3. 【必見】大人気映画サマーウォーズが再放送!あらすじは?

  4. 小室哲哉 なぜ借金返済?原因理由や2018現在の著作権は収入源か?

  5. ボルトの怪我の理由と原因は運営方法に有!?日本も怪我の可能性大!

  6. 成田空港到着時免税店の場所や商品を紹介!営業時間や免税範囲は?

  7. Amazon配送問題がヤバい!原因は?デリバリープロバイダとは?

  8. カラオケVRとは?恨みの村がホラー過ぎる!?【他シリーズ動画有】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事