先に生まれただけの僕(先僕)3話あらすじ ネタバレと感想!


先僕こと「先に生まれただけの僕」の3話が放送されましたね!今回、先僕3話のあらすじネタバレ感想をご紹介させて頂きます!また、過去放送分の内容もありますので見逃した人は合わせてご覧下さいね!

先に生まれただけの僕(先僕)1話あらすじ ネタバレと感想!

先に生まれただけの僕(先僕)2話あらすじ ネタバレと感想!

 

スポンサードリンク

1、先に生まれただけの僕(先僕)3話あらすじとネタバレ

先に生まれただけの僕(先僕)の3話あらすじとネタバレを紹介します。

 

あっさりと退職してしまった数学担当の及川(木下ほうか)の代わりに自分が教壇に立つと宣言した鳴海校長(櫻井翔)。

しかし教育実習以外に授業経験がないという鳴海に周りの教師たちは大丈夫かとざわつく。教科書を見ると思っていたより内容も難しかったのです。それもそのはず、なんといきなり特進クラスで指数関数の授業をしなければならないことに。

どう教えてよいか分からない鳴海は書店に行き何か分かりやすいものはないかと参考書を探していたのですが偶然「アクティブラーニング」の本が目にとまります。

いよいよ初授業、鳴海は緊張でガチガチに固まっているのですが運が悪いことに教師たちも鳴海の授業が気になり授業を自習にして見学に入っています。

一体どんな授業をするのかと注目が集まる中、鳴海は今の状況を思いきり変えるために見よう見まねでアクティブラーニングを使った授業を行います。

今までと違ったインパクトのある授業と相談しあって数学の問題を解いてもよいと言われたことで活気のある雰囲気になったものの授業が終わる頃にはなんだかダラけた雰囲気に。

トドメになったのが

「関数や微分積分は社会で役に立ちますか?」

「仕事で使わないものを学んで何の役に立つのか?」

という生徒からのきつい質問。生徒の質問に答えられず変な空気になって授業終了。生徒も教師たちもがっかり。

その後、鳴海の授業の話が広まり生徒たちは教師たちに「こんなことを学んでも何の役にも立たない」といちゃもんをつけだす始末。

教師たちが皆鳴海のせいだと怒りだす中で一人の救世主が現れます。普段は何を話しているか分からないくらいぼそぼそと話す地味な2年2組英語担当の島津先生(瀬戸康史)がアクティブラーニングができると申し出てきたのです。

救われた!鳴海の顔に少し希望の光が。島津先生はずっとアクティブラーニングを取り入れた授業がしたかったのに過去の校長が効果が分からないと言う理由で、許可しなかったようです。

島津先生のアクティブラーニングの授業見学には鳴海と真柴が入ることになりましたが、普段の様子とは打ってかわって島津先生が大きな声で流暢に英語を話し堂々と授業をしている様子を見て二人は圧倒されます。また生徒たちが生き生きしている姿を目の当たりにして本当のアクティブラーニングの授業の素晴らしさを鳴海と真柴は知ることになるのです。

「どうして英語を話さなければならないのか?」

という生徒の質問にも

「少子高齢化が進み、労働人口は今後不足するため、経済状態を良くするためにこれからの若者たちは外国に進出していかなければならない。世界から情報を素早く手に入れるためには英語を読めなければならない。英語を身につけることは幸せな将来を手に入れることにつながる。」

と自分の意見をしっかり述べて生徒たちを納得させます。

島津先生の授業に影響を与えられたのは生徒だけでなく鳴海校長もまたその一人でした。鳴海校長は全校生徒の前に立ち、授業で答えられなかった「なぜ数学を勉強しなければならないのか」という質問の答えを述べます。数学は正しい答えにたどり着くまでにいろいろな経験をし、正しい判断をする力が身につく。正しい判断をする力が身につけば投資詐欺などで騙されることがないという実生活に基づいたもので、この答えに生徒たちは納得の表情を見せる。副校長が大喜びで拍手を送り第3話は終了です。

 

まとめに入ってしまいましたが、鳴海の初授業~島津のアクティブラーニング授業の裏でもう1つのストーリーが進行しています。

第3話のもう1つのキーワードである「デジタル万引き」についてのストーリーです。コンビニから生徒がマンガをスマホで盗み撮りしていると通報がありました。なんと防犯カメラに映っていたのは特進クラスの男子学生。

デジタル万引きはそれ自体では罰せられないが他人に公開すると著作権違反で犯罪になるという特殊なものです。スマホで漫画を写すだけでは犯罪にならないのですが、デジタル万引きを2度としないように説得するため生徒を呼び出し、鳴海校長、真柴、副校長で話し合いの場をもうけます。

スマホを見せてと詰め寄る真柴におびえる生徒でしたが、真柴はそもそも怒ってはいませんでした。後ろを見ている間を作りその間に生徒は撮影した漫画を消去。

疑ってごめんなさいと真剣に謝る真柴。他人に疑われるようなことはしないでほしいと最後に付け加え場をおさめます。これで終了!とはいかず話しは最後の鳴海のシーンにつながります。鳴海は全校生徒の前でなぜデジタル万引きが悪いことなのかを説明します。

それは働いている人に悪いことをしているからだと。この話しも生徒たちの心にしっかりとささったようです。

スポンサードリンク

2、先に生まれただけの僕(先僕)3話 感想

今回の目玉はやはりなんといっても瀬戸康史演じる英語担当の島津で決まりでしょう!

普段のぼそぼそキャラがアクティブラーニングの授業をしている時のあの生き生きとし、かつ堂々とした姿といったら。瀬戸康史は実生活においても英語の勉強をしていて英語が堪能とのことです。まさに適役でしたね^^

さてさて第3話でのメインテーマは「アクティブラーニング」です。アクティブラーニングとは「問題を自ら発見し、その問題解決に向け主体的に協働的に学ぶことである」と定義付けされています。自分が学生の頃にこういう授業が行われていたら楽しかっただろうなぁと思いながら見てました。

また第3話では「デジタル万引き」という言葉も出てきましたね。先僕は現代の教育現場に潜む様々な問題をテーマに話が進んでいくので見ているととても勉強になります。

3、先僕3話まとめ

鳴海校長は初授業でアクティブラーニングを取り入れた授業に挑戦するが失敗

英語担当の島津が本格的なアクティブラーニングを取り入れた授業を行い少しずつ学校の雰囲気が変わり始める

加賀谷専務、恋人松島の出番は少なめ笑

いかがでしたか?次週予告では鳴海が1、2年の授業から変える!と大きな声で言ってましたが、第4話では本格的なアクティブラーニングを取り入れた授業が始まりそうですね。

しかし1つ気になることが。第3話のエンディング近くで鳴海がバッチ(社員章)を外してたのですがあれはどういう意味だったのでしょうか?恐らく第4話で鳴海の真意が明らかになると思います。来週またお会いしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

4、先に生まれただけの僕(先僕)関連記事

こちらの記事も合わせてご参考下さい^^ ホットな島津先生記事もあります。

英語の島津先生こと瀬戸康史さんの語学力がヤバい
先僕の島津智一先生(瀬戸康史)の英語が上手い理由!高校も凄い!?

そんな英語の島津先生が体得しているアクティブラーニングとは?
アクティブラーニングとは何かをわかりやすく説明!先僕で大流行!?

とりあえず主題歌が気になる人(随時更新)
先僕主題歌は嵐のアルバムから発表か!?登場人物のまとめ記事有!

柏木副校長の中間的キャラとは?
先僕の柏木文夫副校長は京明館高校の名教頭となるか?【悪役・善人】

先僕初心者編
先僕京明館高校相関図やキャストとあらすじ!【動画紹介有】

鳴海校長が所属している総合商社のモデル検証
先に生まれただけの僕(先僕)総合商社樫松物産モデルはどこか検証!

加賀谷専務ヤバい
先僕の加賀谷専務がうざいしムカつく!京明館高校と板挟みの鳴海校長

数学の及川先生がそんたく
先僕及川先生(木下ほうか)はイヤミ先生役で鳴海校長を攻めるのか!

スポンサードリンク





関連記事

  1. 先僕主題歌は嵐のアルバムから発表か!?登場人物のまとめ記事有!

  2. 櫻井翔の父親(俊氏)が天下りで電通執行役員に!若い頃からの経歴は?

  3. 先僕の柏木文夫副校長は京明館高校の名教頭となるか?【悪役・善人】

  4. 先に生まれただけの僕(先僕)4話あらすじ ネタバレと感想!

  5. 先に生まれただけの僕(先僕)1話あらすじ ネタバレと感想!

  6. 先に生まれただけの僕(先僕)6話感想とあらすじ ネタバレ!

  7. 先に生まれただけの僕(先僕)2話あらすじ ネタバレと感想!

  8. 先に生まれただけの僕(先僕)8話感想とあらすじ ネタバレ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事