アクティブラーニングとは何かをわかりやすく説明!先僕で大流行!?

先に生まれただけの僕先僕)の島津智一先生瀬戸康史)が英語教師の傍らでアクティブラーニングを使った授業をしていますね!今回、アクティブラーニングとは何かをわかりやすく説明しようと思います!アクティブラーニングは、島津先生の影響によりこれから大流行するのではないでしょうか?

スポンサードリンク

1、アクティブラーニングとは何かをわかりやすく説明!

さっそくわかりやすく説明に入りたいと思います!

アクティブラーニングとは一般的に、

「問題を自ら発見し、その問題解決に向け主体的に協働的に学ぶことである」

と意味付けられています。

 

少々難しいので、わかりやすく説明すると、

矢印が身体の中から外に向かって活発にビシバシ出ているイメージです。

 

更にもう少しわかりやすく説明すると、

 

問題が発生してから取り組むのではなく、

問題が発生するであろう物事を、事前に察知して、問題が発生しないように(or発生した問題が解決するために)は何が必要かを考えるものです。

 

現在、アクティブラーニングを掲げて教育現場に改革が起ころうとしています。

 

今まで自分が受けてきた学校での授業風景がどんなものであったか想像してみてください。

小学校、中学校、高校、大学どれでもOKです。

 

中学校の頃の授業風景がわかりやすいので例に挙げて説明しますね。

例えば、先生が黒板の前に立って40人くらいが一斉に前を向いています

ここで求められているのは先生の話を聞き知識を吸収することです。

私語をしたら注意されます。なかなか質問もできません

大学の講義中質問でもしようものなら回りは驚き、ドン引きされてしまうことでしょう。

そしてこのとき矢印は完全に身体の中に向かってしまっていますね

これが教育現場で求められる模範的な姿です。

 

しかしこの教育スタイルでは主体性のある人材は育ちません。

アクティブラーニングで示されている主体性とは、自らの頭を使い、思考し、新しい発想を思いついたり何かを発信・議論する力を身につけることです。

考える時間が多ければ多いほど頭が活性化し新しい発想を次々と生み出すようになります。

考える訓練がされていないと新しい発想を思いつくのにすごく時間がかかってしまうのです。

海外ではアクティブラーニングに近い授業を多く取り入れています。呼び名こそ、アクティブラーニングと特別な呼び方はされておらず、議論(debate)という形でそれぞれの生徒が

「これはそうじゃない」

「これでもない」

「こうだと考える。なぜならば・・・」

という感じで意見を出し合っているのです。

 

教育スタイル1つで子供は大きく変わります。

能力を育てるも育てないも教育方法に大きく影響を受けるといってよいでしょう。

これからますます社会はグローバル化が進み日本は諸外国の人たちと対等に議論する力が求められます。

言われる仕事をきちんと行うだけでは2流・3流であり、1歩進んで何かを発信する人が求められるのです。

これからの社会に求められる人の姿が従来とは大きく変わり、この社会の変化に対応するために登場したのがアクティブラーニングです。

2、アクティブラーニングが人気の理由は?先僕で大流行!?

アクティブラーニングが人気になった背景には社会で求められる人物像が大きく変わったことがあります。

先に生まれただけの僕先僕)でも、鳴海校長は不採算の京明館高校を立て直すために様々な問題点を解決するべく動きます

島津先生のアクティブラーニングも、その中で活用されるはずなのです。

 

アクティブラーニングとは自ら他人とコミュニケーションを取ろうとする主体性と積極性を持ち合わせた人物が求められています。

 

参考程度ですが、多くの会社で求められる人物像についてまとめておきます。

従来求められていた知識を多く身につけ黙々とコツコツと勤勉に仕事をこなすだけではなく、

既存の知識からさらに新しい知識を創造できる。すなわち新しいアイディアを提案できる人物

思考力、判断力があるためとっさのトラブルに見舞われても問題を素早く発見し問題を解決することができる人物

このような人物が求められるようになったのです。

主体性をもつためには教育そのもののあり方を大きく変える必要があり、そこで誕生したのがアクティブラーニングという学習メソッドです。

先僕でも登場するようになったこともあり、今注目を浴びているというわけです。

スポンサードリンク

3、まとめ

アクティブラーニングとは何かをわかりやすく説明!

先に生まれただけの僕(先僕)の島津智一先生の影響もあり、先僕の影響も合わさり大流行しそうな予感

アクティブラーニングとは、学生だけではなく社会で通用するための手段である

いかがでしたか?

アクティブラーニングの考えは小学校にまで持ち込まれるそうです。

今後の授業において子供たちは書く、話す、発表するなどの活動へ関わることが多くなっていくことでしょう。

少子高齢化と言われる中で子供たちが立派に育ち元気よく社会で動き回る姿が目に浮かびます。

先僕ではアクティブラーニングをバリバリと授業で使われているようなので、今後アクティブラーニングを取り入れる高校も出てくるのではないでしょうか?

4、先僕(先に生まれただけの僕)関連記事

こちらの先僕関連記事も大人気ですので合わせてご参考下さい!!

島津先生こと瀬戸康史さんの語学力が凄い
先僕の島津智一先生(瀬戸康史)の英語が上手い理由!高校も凄い!?

主題歌が気になる人(随時更新)
先僕主題歌は嵐のアルバムから発表か!?登場人物のまとめ記事有!

柏木副校長のキャラとは?
先僕の柏木文夫副校長は京明館高校の名教頭となるか?【悪役・善人】

先僕初心者編
先僕京明館高校相関図やキャストとあらすじ!【動画紹介有】

鳴海校長の総合商社モデル検証
先に生まれただけの僕(先僕)総合商社樫松物産モデルはどこか検証!

加賀谷専務がとにかくヤバい
先僕の加賀谷専務がうざいしムカつく!京明館高校と板挟みの鳴海校長

数学の及川先生が忖度
先僕及川先生(木下ほうか)はイヤミ先生役で鳴海校長を攻めるのか!

スポンサードリンク





関連記事

  1. 先に生まれただけの僕(先僕)3話あらすじ ネタバレと感想!

  2. 先に生まれただけの僕(先僕)1話あらすじ ネタバレと感想!

  3. 先僕京明館高校相関図やキャストとあらすじ!【動画紹介有】

  4. 先に生まれただけの僕(先僕)7話感想とあらすじ ネタバレ!

  5. 先に生まれただけの僕(先僕)2話あらすじ ネタバレと感想!

  6. 先に生まれただけの僕(先僕)最終回感想とあらすじとネタバレ!

  7. 先僕及川先生(木下ほうか)はイヤミ先生役で鳴海校長を攻めるのか!

  8. 先に生まれただけの僕(先僕)総合商社樫松物産モデルはどこか検証!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事