終活とは何か やり方や準備は何をする?問題点や注意点も話題に

必ずいつかは訪れる死。嫌なものとして捉えるのではなく、死を前向きに捉え残された人たちのために準備をしておく終活という考えが浸透しました。終活とは何か?やり方や準備は何をするのか問題点や注意点についてまとめました。遺言書の作成も資産と負債の把握及び相続人のトラブルを防ぐためため非常に大事です。

スポンサードリンク

終活とは何か?やり方や準備は何をする?

2010年に新語・流行語大賞にノミネートされたことで終活という言葉が一気に浸透しましたね。

テレビや本でも大きく取り上げられているのですが、そもそも終活とは何か?やり方や準備は何をするのか?終活はメリットだらけで問題点や注意点はないのか?分からないことだらけです。

そこで終活について分かりやすくまとめました。

そもそも終活とは何か?3つの目的について

終活の目的1 葬儀関連

介護や葬式、お墓、遺産相続について自分の希望をまとめることで親族にかかる負担を軽くしたりトラブルを回避します。

今は亡くなった際に自身の銀行口座から葬儀費用などであれば遺族が速やかに(通常であれば相続確定まで引き出すことは不可能です)非課税で使用することが出来る信託商品も出ていますよね。

終活の目的2 準備

死について考えることで今までの人生を振り返り、残された時間をどのように過ごすのかを考える。

具体的にやり方やどんな準備をすれば良いのかというとエンディングノートへの記載と生前整理です。

終活の目的3 エンディングノート

介護・延命治療・葬式・遺産相続などについて自分の希望や親族に伝えたいことを具体的に書いておきます。

市販のエンディングノートからパソコンでダウンロードして作成するものまで種類も様々です。

自分に合った内容のノートを選びましょう。残された親族への負担を軽くする終活ですが問題点や注意点が話題になっています。これらのトラブルは生前整理に関係しています。

スポンサードリンク

終活の問題点や注意点が話題に

終活の準備としてエンディングノート以外に生前整理があります。

生前整理とは人生の断捨離です。何十年も生きていれば身の回りはたくさんの物で溢れかえっているはずです。

亡くなった後に残された親族が遺品整理で大変困ったとの話をよく耳にします。(逆に自分が亡くなった後にPCの中を見られると困るため事前に処分する男性もいるとかいないとか笑)

生前に時間をかけて必要なものと不要なものに分け、処分することで自分にとっても大切な物が何か分かります。

また、もし御自身の資産(金融資産以外に土地・建物非上場の株式も含む)が相応にある場合には遺言書を作成の上で、相続税の計算も行い相続人が揉めないようにすることも非常に大事な終活の1つです。

亡くなった後にかかる親族への負担も軽くなります。

終活の問題点と注意点

さて問題点や注意点なのですが終活をしてくれてすごく助かったものの困ったことがあると多数話があがっています。問題点や注意点をまとめますね。

パソコンのパスワードが分からない。

FXや株の取引をしていた。

ネット銀行の口座情報など。

主にインターネットを使用しFXや株、ネット銀行で取引をしている場合は残された親族に分かるように明記しておくことが大切です。

上記でも記載していますが、遺言書を作成すると金融機関で本人の資産の洗い出しを行います。そのため、隠れ資産の他に負債も明確になるため、本格的な準備であれば遺言書の作成は行うべきと筆者は考えます。

まとめ

終活の目的は残された親族への負担やトラブルをなくすことと余生をどのように過ごすのかを考えること。

終活はエンディングノートと生前整理により行う。

終活の問題点や注意点はネット上の取引に関するもの。もししっかりと終活の準備をするならば遺言書の作成も検討するべき。

いかがでしたか?現在、終活は高齢者を中心に広がっています。しかしどんな年代であっても終活は必要であると感じました。

特にネットでお金のやり取りをしている場合残された親族は気づかないですからね。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





関連記事

  1. 強制不妊手術とは治療?危険な可能性も利用急増の理由はなぜ?

  2. 勝間和代のカミングアウト フライングで子供へ配慮が足りないとの声も

  3. 勝間和代が同棲した増原裕子のプロフィールや経歴 離婚理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事