鈴木紗理奈さんが初主演映画「キセキの葉書」で賞を受賞!どんな話?

めちゃイケでおなじみの、女優鈴木紗理奈さん(40)が、16日に行われたスペインのマドリード国際映画祭にて最優秀外国映画主演女優賞を受賞
初主演映画である「キセキの葉書」での演技が高く評価されたとのことです!

スポンサードリンク

1、鈴木紗理奈さんのおさらい

芸名:鈴木紗理奈(すずきさりな)
本名:宗廣華奈子(むねひろかなこ)
生年月日:1977年7月13日
出身:大阪府摂津市

職業:元グラビアアイドルで現在は女優、タレント、歌手
2003年からは、本名のMUNEHIRO名義でレゲエシンガーソングライターとしても活動

レゲエシンガーソングライターの活動はかなり前から行われているようですが、
私はめちゃイケの鈴木紗理奈さんしか知りませんでした。。
本当に幅広いご活躍をされているんですね。

スポンサードリンク

2、映画「キセキの葉書」とは?

監督はジャッキー・ウーという方で、8月19日公開予定。
舞台は阪神の淡路大震災から半年が経過した兵庫県西宮市。

鈴木紗理奈さんは難病を患う5歳の娘を抱えながら生活を送る主婦を演じ、大分県に住む母親(赤座美代子)は認知症とうつ病を併発し、それを励ますために毎日、ハガキを送り続けます。

鈴木紗理奈さん、2016年9月の撮影では早朝に東京を出て撮影現場の神戸に入り、ワンシーン毎に監督と正確さを確認しながら丁寧に作り上げ、自宅に帰るのも終電という生活を続けていたそうです。
神戸と東京を行き来するなんで、本当に凄いですね。

また、今回の最優秀外国映画主演女優賞受賞において、マドリード国際映画祭の受賞選考委員の方々は

「過酷な人生を明るく演じた鈴木紗理奈の演技が、ともすれば絶望的になりかねない観客の気持ちを軽やかにした」

と評価したとのことです。
ちなみに原作は、フジテレビのバラエティー番組「エチカの鏡〜ココロにキクTV〜」で紹介された脇谷みどりさん(童話作家)の実話「希望のスイッチは、くすっ」が元とのことです。

また、鈴木紗理奈さんのMUNEHIRO名義のツイッターでも感謝の言葉が述べられている。

 

3、監督のジャッキー・ウーとは?

監督のジャッキー・ウーは神奈川県横浜市出身の映画監督・俳優である。
エンターテインメントへの夢とアジアへの熱い思いから、
1996年:香港で俳優としての活動を開始。
1998年:フィリピンでの活動を中心に映画プロデューサ兼主役として映画「TOTAL AKINDO」に出演。
2005年:公開された主演映画「少林キョンシー」は世界60カ国で公開される作品となった。
2014年:マンハッタン国際映画祭にて映画「KAIKOU」が最優秀監督賞を受賞。
2016年:マドリード国際映画祭にて映画「TOMODACHI」が最優秀外国映画賞・最優秀映画音楽作曲賞を受賞した。
という経歴の持ち主である。


ジャッキー・ウー監督と鈴木紗理奈さんの活躍には今後も期待である。

スポンサードリンク





関連記事

  1. ミサイルや地震のJアラート音がうるさい!鳴らないようにオフ設定!

  2. お盆玉のポチ袋は妖怪ウォッチやポケモンが吉?子供が喜ぶお盆玉!

  3. 実写化映画のメリットとデメリットを、既存ユーザーと新規ユーザーで整理し…

  4. ドタキャン対策で話題の予約キャンセルデータベースとは!?

  5. 北朝鮮がまたもやミサイル発射!徐々に日本へ近くミサイルは今後日本に届く…

  6. 人気番組「マツコの知らない世界」で出演者の資料紛失が発覚!公表まで8ヶ…

  7. 24時間テレビのマラソンはやらせ?過去には放送事故が発生!?

  8. 松居一代、芸能界引退発言も、ブログ閉鎖は阻止!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事