てるみくらぶ社長が宗教(大星教会)にハマった!?ゆずとの関係性?

てるみくらぶに申し込んで海外に渡ったら帰りの飛行機の予約がされていなかった。そんなありえないことが実際に次々と起きてしまった「てるみくらぶ事件」。あれから月日が経過し、今度はてるみくらぶ社長宗教(大星教会)にハマったとか、ゆずとの関係があるのではないかと再度話題になっています。真相に迫ります‼

スポンサードリンク

1、てるみくらぶ転落のまとめ

格安人気旅行会社として2016年に売上高195億円を記録したものの、旅行会社を取り巻く情勢変化の濁流に飲み込まれ、ゴーゴーとものすごい勢いで奈落の底まで転落してしまったてるみくらぶについて簡単にまとめておきます。

事件発覚は2017年3月、負債総額151億円で破産手続き開始。すでに海外へ出国していた3000人に記者会見にて自力で帰ってくるように要請。

まじでありえないずさんな自転車操業で一方的に終わりを告げたてるみくらぶ。

内定をもらっていた大学生の内定取り消しも記憶に新しいです。その後今度は三井住友銀行からの融資金約2億をだましとったとし書類送検されています。

2、てるみくらぶ社長が宗教(大星教会)にハマった!?

最近てるみくらぶの社長山田千賀子の背後に新興宗教がついているのではないかと黒い噂が持ち上がっています。

しくじり先生で霊媒師に洗脳され5億円もだましとられたことを語った辺見マリ。芸能人や著名人の中にはなぜかかなりの金額をしぼりとられてしまう人たちがいます。

てるみくらぶの社長山田千賀子もそうだったのでしょうか?てるみくらぶ社長が関わっているとされる宗教団体が明らかになってきたようです。

てるみくらぶ社長の裏に新興宗教疑惑が持ち上がったきっかけはまたしても文春でした!元幹部の証言により会長と社長がある新興宗教の信者で会長室に祭壇があり毎朝熱心にお祈りしていたことが暴露されたのです。

その新興宗教というのが大星教会ではないかと言われています。

スポンサードリンク

3、ゆずとの関係性?

てるみくらぶ社長との関係が噂になっている大星教会(たいせいきょうかい)は東京都八王子市に神殿を構えています。

創価学会が強いこの地域においてそれなりの力を持っていることがわかる立派な建物です。宗教団体には信仰者を広める広告塔としての人物がいますが、大星教会の広告塔は開祖である宇津木正善のひ孫にあたる元宝塚歌劇団の鞠村奈緒であるようですね。

祈年祭式典では鞠村奈緒の歌が敷地内に響き渡るそうです。

ところで現在『てるみくらぶ、宗教』で検索をかけるとなぜか『ゆず』のキーワードがあがってきます。これは一体どういうことでしょうか?

ゆずの北川悠仁の母親が『かむながらのみち』の教祖であることはかなり有名な話です。

かむながらのみちは神奈川県横浜市にあります。大星教会とかむながらのみちが関係があるのでしょうか?両宗教のつながりを調べましたが全くつながりを見つけることはできませんでした。

おそらくてるみくらぶのバックに新興宗教があると聞いて興味本意で新興宗教の教祖である母を持つゆずの検索が一気にあがったのだと推測します。

現段階ではてるみくらぶと大星教会、ゆずを結びつけるものはありません。良かったです。笑

4、まとめ

てるみくらぶの社長が大星教会の信者であることは濃厚

今後の調査でてるみくらぶの社長が大星教会に具体的にいくらお布施や寄付をしたのかがわかるかも

かむながらのみちの教祖を母に持つゆずとてるみくらぶは無関係

いかがでしたか?

てるみくらぶの社長が宗教にハマっていたのは従業員たちの間でもかなり有名だったみたいですね。祭壇に大根を祀って毎朝お線香をたく姿?が目撃されているようです。現在、てるみくらぶの被害にあった人達はまだお金が戻ってきていない状況にあるそうです。

一刻も早くお金が全ての人に戻ることを願うばかりです。最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク





関連記事

  1. Avicii(アヴィーチー) の自死可能性 酒飲みすぎで膵炎も量はどれ…

  2. 岡村靖幸の結婚相手は?DAOKOとのダンスが上手い!過去には逮捕も?

  3. 須藤早貴(実家札幌)の経歴(ウィキペディア)は?犯人扱いで行方不明か

  4. ヒロシのお店(中野坂上)はどこでどんな店?今現在なにしてる?

  5. ダレノガレ明美のCAROとは何をしている会社?ブランドCAROMEとは…

  6. インパルス堤下と嫁の松枝美希が別居報道!理由やダンサー妻の性格は?

  7. 菊池梨沙 城島茂と売名結婚か?あざとい性格で破局の可能性も城島がゾッコ…

  8. 堀口ミイナ(元三菱商事)の経歴が凄い!可愛い・嫌いと賛否両論!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事