【動画あり】音が鳴るウェアラブル電子楽器のPVがかっこよすぎる

とてもセンスのあるウェアラブル電子楽器が登場した。その名称はBanggos。
パンツに装着できるようになっており色は赤、緑、黄色、ピンクから選べる。パンツにデバイスをセットし、スマホアプリと連動することで音が鳴るのだ。
そして
このウェアラブル電子楽器Banggosを作った人は日本人であり、

実はとても熱い人なのである。

スポンサードリンク

1、作曲者は日本人?かおりんぐマシンさんとは?

このウェアラブル電子楽器を作成したのは、
かおりんぐマシンさんという作曲家兼メディアアーティストであり、株式会社OTOKの代表でもある。
また、
かおりんぐマシンさんのHPによると、
 ・昭和音楽大学 作曲学科 実技主席卒業
 ・情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科 修了

とのことで、凄い経歴の持ち主である。
そして今回、本当に斬新で面白い音楽を作りたいという想いから

PCで作曲するところからではなく、そもそも楽器から作ろう

という発想で今回のウェアラブル電子楽器Banggos開発に至り、
さらにはそのPVが大反響を呼んでいるのである。

2、その人気の動画とは?

そのウェアラブル電子楽器BanggosのPVがこちらだ。

いかがだろうか?
単に音楽だけ聞いていたら、普通にノリの良い洋楽である。

現在はアメリカのクラウドファンディング※サイト『Kickstarter』で出資プロジェクトが立ち上がっている。

※クラウドファンディングとは、
その人の事業に対しての出資(最初にお金出すので、仕事が成功したら増やして返してね、という意味合いである)を募るシステムのことだ。

こちらのリンクから現在の出資額が分かるようなので、興味のある方はご覧ください。
(一応言っておくと、
リンクに入っただけで課金されることは当然無いのでご安心を笑。出資するには、当然ながら色々な手続きが必要であるからだ。もしリンクに入っただけで課金されるという悪仕様だったら私はいくら払わなければならないのだろうか・・・)

もともとは海外で始めたため、5000ドル($)を目標にしているとのこと。
現在の出資額というのはリンクに記載のある
$●●●という部分である。(今のところ8万円くらい集まっているようである)

金額の目安としては$1,000だった場合、
今現在(7月16日)のレートで換算すると約112,000円
である。
また、
 ・backerというのは、「出資者」のことであり、
 ・days to go は「あとこの日数で集める」という期限的な意味。

である。

上記は海外でのクラウドファンディングのサイトであるが、
日本でも目標金額を20万円として支援を集めているようである。
もし、上記の英語のサイトが不安であれば日本のサイト(もちろん日本語)をご覧ください。
こちらがそのサイトである。

(日本ではまだ1万円くらいしか集まっていないようだ)
7月22日修正:現在47,520円集まっている。

スポンサードリンク

3、動画に出てる外人は誰?

かおりんぐマシンさんによると、動画に出ているイケてる外国人の2名は

友人から紹介してもらった大学の留学生

だそうだ。

まるでモデルのような、普通の留学生には全く見えない風貌である。
今回の動画を機に、もしかすると近々世間に大きく出てくるかもしれない。

また、もともとウェアラブル電子楽器Banggosの商品開発を行うにあたり、
予算がないことから人を雇うのも相当苦労されていたようである。

ちなみにこのウェアラブル電子楽器Banggosは、
もし$79(10,480円約9000円)の出資をしてくれたら本体がもらえるそうである。
Banggosをつければ周囲の人気者になれるかもしれない。

2017年8月12日追記;無事に日本での目標額が集まったようです!^^

スポンサードリンク





関連記事

  1. グアム旅行は北朝鮮の危険ありキャンセルするべき!【日本も注意!】

  2. 広陵中村奨成が強肩過ぎて広島カープがドラフト指名か!【強肩動画】

  3. セーフガードで牛肉の価格はどれくらい変わる?実は影響が小さい!?

  4. お盆玉のポチ袋は妖怪ウォッチやポケモンが吉?子供が喜ぶお盆玉!

  5. Sarahah(サラハ)とは?特定されバレる?使い方や登録のやり方!

  6. ドタキャン対策で話題の予約キャンセルデータベースとは!?

  7. 小室圭母親の借金は祖父でない?父親パパは何者で遺産や職業仕事は?

  8. ユニクロのスラックス(感動パンツ)仕上げ時間を実際に確認してみた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事