山尾志桜里不倫相手Kの倉持麟太郎弁護士とは誰!【ガソリン問題】


ガソリン問題ガソリーヌこと山尾志桜里不倫相手K倉持麟太郎弁護士との見解が強まりウワキーヌへ進化したという話題で持ちきりです。ガソリン代の不正使用で一時期大きな話題となった山尾志桜里議員ですが、今度は不倫ですか・・・という感じです。

スポンサードリンク

1、山尾志桜里の不倫相手Kは倉持麟太郎弁護士が濃厚!

そもそも今回騒がれた理由は、

民進党の新幹事長を決める際に山尾志桜里を起用する事を辞めたことで不倫騒動が発覚し、ガソリン問題に続くスキャンダルと言われているのが理由です

現在はメディアの取材を受けている状況とのことですが、

色々と調べる中で、山尾志桜里の不倫相手Kは倉持麟太郎弁護士が濃厚と言われています。

不倫相手が倉持麟太郎弁護士という理由は、山尾志桜里の周囲にいる弁護士でKが絡み、かつ、Openになっている弁護士が倉持麟太郎弁護士くらいしかいないからである。

もし全くメディアに出ていない弁護士が不倫相手であれば「とある弁護士」とでも出るだろう。   こちらの画像では一緒に勉強会をしている。

 

開会時間が18:00からということで、

この勉強会が終わった後に山尾志桜里は倉持麟太郎弁護士と会食にでも行き、

そのまま不倫相手となったのだろうではなかろうか・・・。

 

 

2、不倫相手Kの倉持麟太郎弁護士とは誰!


倉持麟太郎弁護士とは、

1983年生まれ

・慶応大学卒業

・慶応大学卒業後は中央大学で大学院を修了

・2012年に弁護士となり、憲法カフェなどで一般の市民と勉強会を行った経験有

・日本弁護士連合会の憲法問題対策本部で嘱託弁護士を務める

・慶應大学大学院では非常勤講師を務める

・東京MXのモーニングクロスではレギュラー出演し、コメンテーターを務める。

・(山尾志桜里は1974年生まれ)   という華麗な人物である。

 


もし今回の山尾志桜里不倫報道が本当であれば、

山尾志桜里は9歳年下の倉持麟太郎弁護士と不倫をしていたということになるのである!

スポンサードリンク

3、ガソリン問題

ガソリン問題ガソリーヌこと山尾志桜里は、

ガソリンのレシートを元に不正請求を行い、国民から大バッシングを食らった経験がある。

しかもそれをあたかも秘書が悪いかのように言った人物である。

 

従って、今回の不倫について擁護する人間は非常に少ないだろう。

4、まとめ

山尾志桜里不倫相手Kは倉持麟太郎弁護士が濃厚

倉持麟太郎弁護士が誰か紹介

ソリン問題ガソリーヌこと山尾志桜里はウワキーヌでもあった

一体勉強会で何を勉強していたのかが怪しい

5、人気記事

こちらも合わせてご覧下さい!Hotな話題です。(9月6日更新実施)

山尾志桜里関連

倉持麟太郎は結婚済・妻子有で週刊文春の不倫スキャンダル砲が直撃!

小林よしのりとは不倫した山尾志桜里を総理にする会の代表である!

 

小室圭さん関連:

銀行裏事情 丸の内支店=エリートではない
小室圭が銀行員をクビで辞めた理由は真か?UFJ丸の内支店はエリート?

「Let it be」の本当の意味とは
小室圭「Let it be」好きな言葉(座右の銘)の意味を検証!【婚約会見】

チャラい画像が見たい人
小室圭のチャラい画像まとめ!婚約破棄も怪しい噂が多発し可能性有!

噂の指に関して画像で検証しています
小室圭さん指がないは嘘のガセ誤報!眞子様婚約指輪がない【画像】

宗教がヤバすぎる
小室圭や母親佳代が宗教事件で黒い噂の大山ねずの命神示教会とは?

色々気になる人
小室圭さん怪しい噂や公用車の態度と会見の言葉遣いが嫌いな人多発!

 

ミサイル関連 ミサイルや地震のJアラート音がうるさい!鳴らないようにオフ設定!

インスタバエ関連 インスタバエが嫌い?スイーツ等へたかるハエ図鑑【フードポルノ】

これ以外にも色々とありますので、是非見て下さいね!

スポンサードリンク





関連記事

  1. 泰葉の病気は嘘?自己破産理由や母親や実家との絶縁はなぜ?

  2. 草刈正雄の娘(紅蘭)の彼氏が薬物逮捕歴!結婚も目前で非難の嵐!

  3. 寿るいとは?フライデーで才賀紀左衛門の不倫相手として報道される!

  4. 内藤聡子の不倫報道!結婚しても浮気する理由や佐藤琢磨とは誰?

  5. きらぼし銀行(キキララ)振込システムは今後大丈夫か【デスマーチ】

  6. 鈴木渉大(駆け落ち大学生)の大学名は法政大学か!行方不明と噂広がる

  7. 紐タイムとは?松木安太郎解説の名言集に新たに追加!【名言動画有】

  8. ピース綾部のアメリカ完全移住が遂に決定!ビザが下りニューヨークへ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事