行定勲監督(熊本出身)の結婚相手や高校、代表作品映画を紹介!


少し前に有村架純・松本潤主演の話題作「ナラタージュ」が公開されましたね。あなたはどの映画で行定勲監督(ゆきさだいさお)の名前を知りましたか?行定勲監督結婚相手高校代表作を紹介します。これであなたも行定勲通ですね。

スポンサードリンク

1、行定勲監督(熊本出身)の結婚相手や高校

まずは簡単に行定勲監督のプロフィールをまとめます。タイトル通り、熊本出身の方であることが分かりました。

出身地 熊本県熊本市出身

生年月日、年齢 1968年8月3日(49歳)

出身高校 熊本県立第二高校(県内でも有数の進学校です)

行定勲監督は高校卒業後、大学進学はせずに映画関係の専門学校に入っています。

もうこの頃にははっきりと自分の進むべき道がはっきりしていたことが分かります。

映画監督になるきっかけは小学生の頃に黒沢明監督の「影武者」が熊本城で撮影されていたのを目撃したことだそうです。

さて行定勲監督は結婚しているのでしょうか?

と疑問に思っていたのですが予想通り結婚していました

すごく穏やかで落ち着いているのでおそらく女性が放っておくわけがないよなぁとは思ってはいましたが。行定勲監督の結婚相手についてですが行定勲監督は24歳の時に一般人の女性と結婚しています。

行定勲監督は休日の楽しみを「妻と一緒に草むしりすること」と話しています。派手な芸能の世界に身を置きながらも決して自分を見失わない生き方は行定勲監督の生き方そのものだと思います。

スポンサードリンク

2、行定勲監督の代表作品映画を紹介!

行定勲監督の映画は国内だけでなく海外でも高い評価を受けています。

ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した「パレード

セカチュー旋風を巻き起こした「世界の中心で愛をさけぶ

沢尻エリカ主演映画で話題になった「クローズドノート

の3作品を簡単にご紹介したいと思います。

 

・「パレード

行定勲監督の作品に多い独創的で美しい描写は見られません。この作品の設定は「自分さえよければそれでいい」と誰もが持っている自己中心的な部分をひっそりと浮き立たせること。

5人の若者のルームシェアを通してストーリーが進んでいく毒が詰まったサスペンス作品です。藤原竜也、香里奈、貫地屋しほりなどが出ていますよ。

・「世界の中心で愛をさけぶ

100%純愛映画です。この映画で長澤まさみのとにかくキラキラした可愛さが話題になり瞬く間にトップ女優へと上り詰めました。

セカチュー現象なるものまで生み出した行定勲監督の代表作品です。大沢たかおや柴咲コウも出演しています。

・「クローズ・ノート

沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子などが出演している1冊の本から始まる心が洗われるようなミステリー作品です。

沢尻エリカの表情や話し方にぐいぐい引き込まれていきます。沢尻エリカはいろいろありましたがやはり演技力はありますよね。

やはり泣きの演技は天下一品です。竹内結子も独特の優しさをもつ演技力に魅了されてしまいます。二人とも素晴らしい女優さんですよね。

3、まとめ

行定勲監督は熊本県立第二高校出身

行定勲監督が24歳の時に結婚

行定勲監督の休日の楽しみは「妻と一緒に草むしり」から分かる夫婦円満

行定勲監督の映画「パレード」はベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞

いかがでしたか?行定勲監督は故郷、熊本を愛する気持ちが強くしばしば熊本を訪れては中編の映画撮影をしています。

同郷の橋本愛、高良健吾を起用したことで「うつくしいひと」という映画が注目を集めました。

この映画は「くまもと映画プロジェクト」の一貫として制作されたものです。

実はこの映画の公開後に熊本大地震が起きているのですが、その後行定勲監督は地震をテーマにした第二弾となる「うつくしいひと、サバ?」を制作しただいま公開中です。サバ?こちらもとても楽しみですね。

スポンサードリンク





関連記事

  1. てるみくらぶ社長が宗教(大星教会)にハマった!?ゆずとの関係性?

  2. 永井祥子(押しだしましょう子)は富山出身で鳥取職員!異例な経歴は?

  3. ジェームズ・ウォン・ハウって誰?代表作や経歴まとめ【映画動画有】

  4. 小室哲哉 なぜ借金返済?原因理由や2018現在の著作権は収入源か?

  5. 蓬田美奈子(B’z稲葉浩志の妻)とは誰?【松崎しげるの元嫁…

  6. 益田恵梨菜の高校や彼氏や出身は?ギャルコンの受賞経歴 画像あり!

  7. 小谷嘉一と新垣里沙の離婚理由はなぜ?テニミュ出演も性格がヤバい?

  8. 志尊淳の現在の彼女(プリクラ京子)は誰?本名や学歴も公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事