スポーツ

小出義雄監督 病気が死因?原因はなぜか 持病の不整脈が悪化か

訃報です。マラソン小出義雄監督(こいでよしお)がお亡くなりになられました。病気が死因の原因ではないかと言われていますが実際なぜこのような事が起こったのか、持病の不整脈が悪化した心不全という話も出ているようなので調べてみました。小出義雄監督へご冥福をお祈り致します。

スポンサードリンク

小出義雄監督の訃報は病気が死因?

どうやら今回の小出義雄監督の訃報は元々あった不整脈の病気が死因ではないかと思われています。

以前、不整脈が変院で発生する心疾患という病気に倒れ、緊急搬送されたそうです。

 

この新疾患という病気は動脈硬化が起こり血管内に血栓が出来てしまうが故に発作や心肺停止が起こります
今回報道された小出義雄監督はこの病気が死因ではないのかと言われているのです。

なぜなら、小出義雄監督が病気で前に倒れた際に、
医者からは同じような状況の患者の場合、
多くが訃報されることになると小出義雄監督に言ったそうです。

しかしながら小出義雄監督は

 

「何を言っている?」

「私は死ぬ気がしない」

 

と言っていたそうです。
ちょっと言葉があれですが、ややフラグ感が否めません。

Yahooニュースには詳細な原因が書かれていないものの、
過去の事例や小出監督自体の病気の持病を踏まえると、
基本的には死因についてはそれしか考えられないと言われています。

スポンサードリンク

小出義雄監督 原因はなぜか?持病の不整脈が悪化か

小出義雄監督の訃報原因がなぜかという点で、先ほどは持病の不整脈が病気と書きました。
この不整脈、悪化すると心不全などを引き起こす事で知られています。

そしてこの心不全、ガンよりも生命の危機に関してはネガティブな病気であると言われています

死因原因についてはこの日本心臓財団が公表している1年後の心不全率を見て頂ければと思いますが、かなり重い病気のようです。

日本心臓財団より

小出義雄監督はメディアに見えないところでずっと闘病生活を送っていたものだと思われ、
80歳という決して若いとは言えませんが近年の日本の平均寿命を踏まえるとまだ早いと言わざるを得ません

また、個人的にもQちゃんには色々と励まされた経験もあるので、今回の小出さんの件についてはかなりショッキングでした。

この不整脈や心不全ですが、もう少し一般的な言葉で言うと「心臓病」とも受け止める事が可能です。
小出義雄監督の死因では様々な意見がありますが、もし原因はなぜかと言うと心臓病とおおまかに捉えてあげればいいのではないでしょうか。

病気は誰にでもあります。持病持ちではない人も、高齢になればなるほど持病を持つ確率が高くなります

心不全ですが、どうやらそれぞれステージがあるそうで、

・ステージA
:生存率97%

・ステージB
:生存率96%

・ステージC
:生存率75%

・ステージD
生存率20%

という感じで分類されているそうです。

そのため、小出義雄監督に関してはもし仮に心不全だとすると、既にステージDの状況になっていたのかもしれません

小出義雄監督の病気や死因のまとめ

小出義雄監督は持病の不整脈が悪化した可能性がある

小出義雄監督は病気が死因であることは濃厚であるが原因はなぜかと言う点については心不全のステージDの可能性がある

持病の不整脈が悪化という可能性も、まだ正式に親族が発表したわけではないので、深追いはせず、小出義雄監督の親族・関係者からの連絡を待つべき。

今回の報道については色々と気になった人も多いと思いますが、一旦は小出義雄監督の親族・関係者からの連絡を待ちましょう。

改めてご冥福をお祈り致します。
人気記事:塚本廉 嘘暴露理由はなぜ?自白した想いとは【令和のショーンK】
人気記事:立花孝志ステッカー入手方法 効果がNHK受信料撃退に超効果的と話題

情報提供をお待ちしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください